薄毛に悩む女性!対策や治療法は?専用のシャンプーや育毛剤はある?

こんにちは、かっこいいとは何か日々考えているSekineです。

今回は薄毛に悩む女性のために色々とみていけたらと思っています。

男性の薄毛対策や治療法、対策などは他の記事などで紹介してきましたが、女性については全く触れてきませんでした。

AGA(男性型脱毛症)とは?原因や費用は?治療法の種類は?お勧めの病院は?

思えば、男性は薄くなったら頭を剃ってしまうという選択肢もありますが、女性はそうはいきませんよね。

カツラという選択肢もありますが、カツラはつけていることが分かってしまうこともあります。

それ以外にも、学生時代に学園祭でカツラをつける機会があったのですが、頭がとても蒸れるんですよね。

これは頭皮にもよくないですし、下手をすると薄毛が悪化して進行が早くなってしまう可能性もありますよね。

今回は、薄毛に悩む女性に少しでも良い情報が届けばと思い見ていきたいと思います。

薄毛に悩む女性!その理由は?原因は?

男性薄毛の原因の一つとして「男性ホルモン」に含まれる成分が原因といわれています。

それと同じように女性の薄毛の原因の一つとして「女性ホルモンの低下」があげられます。

女性ホルモンが低下するとホルモンバランスが崩れ、その影響でヘアサイクルが乱れて結果として薄毛になるということになります。

これは男性にも言えますが、原因の一つを改善したからと言って薄毛の進行が遅くなるわけではありません。

生活習慣や適切なヘアケアを行うことで進行を遅らせることができます。

薄毛に悩む女性!原因は?対策は?

女性の薄毛にはどのような原因があるのでしょうか。

FAGA(女性男性型脱毛症)

これは「AGA(男性型脱毛症)」の女性版にあたります。

薄毛に悩む男性のほとんどがAGAですが、女性も同様に半数以上はFAGAに悩んでいます。

簡単に言うと女性ホルモンが低下することによって男性ホルモンが女性ホルモンを上回りFAGAを発症するということです。

男性の場合は発症すると頭頂部から抜け毛が増えたり、M字におでこが広くなってくるのですが、女性は違い太い毛が抜け全体的に頭皮が透けてくる状態です。

対策として、女性ホルモンは体内で作ることが難しいのでサプリメントや育毛剤を使い女性ホルモンの減少を防ぐことが大切になります。

もちろん、病院では進行を遅らせる薬などが処方されますので、専門の先生に相談することが一番です。

AGA(男性型脱毛症)でもお話ししているのですが、手遅れの状態で相談するよりも抜け毛が多くなってきたと少しでも思ったら専門の先生に受診してください。

早期の治療ができれば、その分進行も遅らせることができますし、費用も少なくてすみます。

慢性休止期脱毛症

薄毛について調べていないと聞きなれない言葉かもしれません。

簡単にお話しすると、全体的に薄くなる男性にはない女性特有の薄毛になります。

基本は上記のFAGA(女性男性型脱毛症)と症状は似ているのですが、大きな違いとして髪が軟毛化していません。

この症状の原因はすべて解明されていませんが、生活習慣の乱れが原因だといわれています。

ストレスや過度なダイエット、年齢、貧血といったものが要因といわれています。

そのため、生活習慣を整えることが大事だとされています。

女性は男性に比べて体系維持のために過度なダイエットや偏った食事をすることで栄養のバランスが崩れやすいです。

スタイルが良くても髪の毛が薄くなっては元も子もないですよね。

ストレスをためない軽い運動やバランスの取れた食事を心がけましょう。

円形脱毛症

これは聞いたことのあるものだと思います。

主にストレスが原因で、ウイルス感染や薬のアレルギーなどでも発症するようです。

発症の多くが30代以下といわれています。

私の周りでも何人か発症していますが、原因はすべてストレスによるものだったようです。

基本的に薄毛の治療はすべて自由診療になり保険がききませんが、円形脱毛症は治療法によっては保険が適用されます。

もし、発症してしまった場合は専門の先生に受診することをお勧めします。

AGAやFAGAと違い、バルジ領域と呼ばれる毛が再生する場所が損傷するわけではないため、治療が終われば回復します。

大半がストレスによるものですので、第一としてストレスをためないことが重要になります。

分娩後脱毛症

女性だけに発症するものですね。

出産後2~3か月内で発症する方が多いようです。

その原因といわれているのがエストロゲンという成分の増減にあります。

妊娠後期:エストロゲンが増加することにより髪の毛が抜けにくくなる。

出産後:エストロゲンが減少して抜け毛が増える

2~3か月後:エストロゲンの量が正常に戻る

簡単に解説すると、通常だと抜けるものがエストロゲンが増加することで頭皮にとどまり、出産とともにエストロゲンが減少して抜け落ちる毛ととどまっていた毛が抜けることで一時的に薄く感じるということです。

もちろん、一時的なものですので数か月~半年ほどでヘアサイクルは戻ります。

脂漏(しろう)性脱毛症

こちらは聞きなれない症状です。

フケが多かったり、皮脂油が多い方が発症しやすいようです。

皮脂は髪の毛のベタつきなどの原因でもありますが、皮脂が毛穴をふさぐことで炎症を起こし、細菌などが増殖することで毛根にダメージが生じ発症します。

頭皮のかゆみや痛みが原因の薄毛はかなり進行している状態ですので、すぐに専門の先生に受診したほうが良いようです。

皮脂が多くなる原因は主に食生活や油モノの過剰摂取、シャンプーの洗い残しや洗いすぎによるものです。

食事に関しては緑黄色野菜やさんま、レバーなどに多く含まれる「ビタミンB2」「ビタミンB6」を積極的に摂取するのが大事になります。

圧迫性脱毛症・牽引性脱毛症

名前から何となくわかる方もいらっしゃるかと思いますが、この症状は髪を結んだときにかかる力によって抜ける症状になります。

特に同じ髪型をしている人に発症します。

昔、私の姉がバレエを習っていてお団子ヘアをしていたのですが、毎回同じところに負荷がかかっていたので、おでこが広がっていました。

対策としては分け目を変えたり、ヘアスタイルを日によって変えるのがよいかと思います。

薬剤性脱毛症

名前の通り、薬の副作用によるものです。

抗がん剤が良い例です。

避妊薬として知られている「ピル」の副作用として発症することがあるようです。

ピルにはエストロゲンを増加させる作用があるため、服用を停止するとエストロゲンが減り抜け毛が増え一時的に薄毛になります。

薄毛に悩む女性!兆候は?原因は?

いきなり薄毛になるわけではありません。

何か兆候のようなものがありますので見てみたいと思います。

髪が細くなる

男性もそうですが、多くの方が昔に比べると髪が細くなったと実感しているようです。

これは毛根に栄養が行き届いていないのが原因です。

頭皮が硬い

血行は薄毛の原因の一つです。頭皮が硬いと血行が悪くなり、髪に栄養が行かずコシやハリがなくなることで薄毛の原因になります。

頭皮が赤くなっている

頭皮が炎症を起こしている可能性があります。かゆみなどもある場合は重症の場合もありますので、すぐに専門の病院に受診したほうがよいです。

フケが多くなる

フケの多くは頭皮が何らかのトラブルになっているサインです。

頭皮のべたつき

頭皮がべたつくのは毛穴のつまりの原因になります。

まとめ

今回は女性の薄毛について見てみました。

女性は妊娠や出産、避妊薬などホルモンバランスが崩れることが多いため、その分、薄毛になる可能性が多いことが分かりました。

男性もそうですが、生活習慣というのは薄毛の原因の一つであり、すぐに実践できるものです。

規則正しい生活や脂っこいものを控えることなど身近なところから見直すことが大切なのだと改めて思います。

最近、私は脂っこい食事が多くなっているので気を付けたいと思います。

最後まで見て頂きありがとうございます。

スポンサーリンク