AGA(男性型脱毛症)とは?原因や費用は?治療法の種類は?お勧めの病院は?

こんにちは、かっこいいとは何か日々考えているSekineです。

何回かに分けて「AGA(男性型脱毛症)」について紹介してきましたが、改めてどういったものなのか、現在の主な治療法など見ていきたいと思います。

育毛、発毛、植毛、AGA(男性型脱毛症)治療にかかる費用は?

育毛、発毛、植毛の違いは?費用は?徹底比較!おすすめは?

上記サイトでもお話ししているのですが、「AGA」というのは20代でも発症するものです。

病気と同じで対応が早ければ早いほど進行速度を遅くできますし、費用も抑えることができます。

恥ずかしいなどの理由で相談せず、自分に合わない市販の育毛剤などを無駄に使うのではなく、気になったらすぐに専門の先生に受診して相談することをお勧めします。

 

AGA(男性型脱毛症)とはどういった症状?

まず、AGAと呼ばれている由来は単純に英語表記で(Androgenetic Alopecia)このスペルをとってAGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。

主にAGAと呼ばれる症状はおでこの生え際が後退するものや頭頂部から薄くなっていく症状が多いといわれています。

年を重ねると多くなると思われがちですが、20代早い方では10代から症状が出始めているというお話しも聞きます。

このAGAの厄介なところは、何も手を打たなかった場合は徐々に進行していくという点にあります。

「最近抜け毛が多い」これはAGAのサインかもしれません。

病院によっては無料相談を行っているところも多いので、少しでも髪の毛に違和感があったら、すぐに相談してください。

 

AGA(男性型脱毛症)とは?主な原因は?

実際に治療を開始しても原因となっていることが分からなければ進行を遅らせることが難しいこともあるかもしれません。

テスト勉強でもそうですが、テスト範囲外をいくら勉強しても点数は上がりません。テスト範囲を勉強するからこそ点数が伸びます。

 

まず、原因となっているであろう行動などを思い返してみてください。

 

AGA原因1 ヘアサイクルの乱れ

AGAについては、すべて解明されているわけではありませんが、ある程度の研究が進んでいます。原因の一つとなっているのは男性ホルモンの一種であるテストステロンという物質です。これが5a還元酵素というものと一緒になることでDHTという物質に変化します。

簡単に言うと男性ホルモンの一種であるテストステロンというものが変化結合することでヘアサイクルを乱してしまうということになります。

これが原因で成長しきる前に抜けてしまったり、細く短い貧弱な髪の毛が多くなり結果としてAGAになってしまうということになります。

ここまで原因がわかっているならいくらでも対処ができるのでは?と思うかもしれませんが、調べてみると、上記で紹介したテストステロンなどの物質は男性機能には必要なものであるので取り除くことができないようです。

 

AGA原因2 遺伝子

正直、これはどうすることもできませんね。

遺伝的要因については色々な意見があるようなのですが、AGAの約8割は遺伝的要因という発表もあるそうです。

 

父型は年相応に全体的に薄くなっている感じですが、母型はAGAのようです。

私はどちらの遺伝子が濃いのか気になります。

 

両親に昔言われたことがあるのですが、「ちゃんと頭を洗わないと将来ハゲるぞ」「整髪料をつけすぎるとハゲるぞ」など皆さんの中にも言われたことがある方いらっしゃるかもしれません。

 

遺伝子に関して、研究によるとホルモン受容体の数が高ければ高いほどAGAになる可能性があるようです。

そのため、どれだけヘアケアをしていたとしても遺伝子レベルとAGAを発症してしまう可能性があるということになります。

 

AGA原因3 ストレス

抜け毛などには私は悩んでいませんが、以前勤めていた会社がブラック企業でストレスがあったのか白髪で真っ白になってしまいました。その会社を辞めたとたん白髪が減り、人間はストレスに敏感な生き物なのだと思いました。

 

厳密にいうと、ストレスによって生じる生活習慣の悪化がAGAの原因になっています。

頭皮に重要といわれている一つが血行です。ストレスによる生活習慣の乱れは体の色々な部分に影響を与えます。血行が悪くなると、毛根に必要な栄養素が行き届かなくなり、成長する前に抜けてしまうというわけです。

 

AGA原因4 睡眠不足

成長ホルモンが効率よく分泌される時間が22時~翌2時といわれているのは有名な話です。

この時間を含めてしっかりとした睡眠をとれていない場合もAGAを発症する原因といわれます。

 

AGA(男性型脱毛症)の治療費は?

一部の治療を除いてAGA治療は保険適応外の自由診療になるため、同じ治療でも病院によって値段が違うことがあります。

また、進行速度や経過によっても服用する薬が違って来たり、治療方法によっても全く金額は違います。

基本的には、最初に面談を行い説明などを受けながら自分に合った治療法を進めていくというのが一般的です。

多くの方は、まず投薬治療で様子を見ていくのではないでしょうか。

 

ここでは、病院で一般的に使われている薬の相場を見たいと思います。

 

内服薬

・プロペシア 月々3000円~10000円

・ザガーロ 月々7000円~13000円

 

外用薬

・ミノキシジル 月々7000円~16000円

 

注入治療

・ミノキシジル 月々20000円~40000円

 

現在の主流は内服薬+外用薬の組み合わせになります。

大体このセットになると月々15000円前後で利用している方が多いようです。

 

AGA(男性型脱毛症)お勧めの病院は?

病院に関して、調べてみましたがどのクリニックも内容は充実しており一つに絞ることは難しかったです。

 

私の経験として、病院選びに関してはその方と病院の先生の相性が重要になるのではないかと思っています。

AGAの治療は継続治療になります。

これから何年もお世話になる病院ですので居心地が悪いところは論外です。

最近では色々な病院で無料相談や体験を行っています。気になったところを何個か見てみるのも良いかもしれません。

 

金額が安いところにするのか、またカウンセリングが充実しているところにするのか、病院側の接客態度を見るのか、長く通うところですのでストレスのない場所を選んでください。

 

「先生と相性が悪く病院を変えたい」

このような意見があったのですが、専門的治療を行っていますので別のところに変えるのは少し不安があるかもしれません。

 

結果として、特殊な治療をしていない限り病院を変えるのは問題ないようです。

なぜかというと、多くの病院で使用されている薬の成分は同じなので、別の病院に移ったとしても効果が下がるということはないということです。

 

万が一ということはありますので、もし変える予定のある方は変える側の先生に使っている薬などをお話しして相談したほうがよいと思います。

 

まとめ

今回は「AGA(男性型脱毛症)」について再度見ていきました。

以前までは遺伝的部分が多いと思っており、心配していませんでしたが、ストレス社会である現在においては、誰もが発症する可能性があるということです。

まず、自分自身の生活習慣を見直すところから始めても良いかもしれません。

スポンサーリンク