AGAの治療!育毛、発毛、植毛の大きな違いは?費用は?徹底調べ!

こんにちは、かっこいいとは何か日々考えているSekineです。

今回は「育毛、発毛、植毛」について見ていきたいと思います。

どうして、上記について紹介しようかと思ったかというと、芸能人である「いしだ壱成」さんがトルコで「植毛」をしたというニュースを見たからです。

私は今のところ薄毛などには悩んでいませんが、数年後にどうなっているのかわかりません。

今からどのようなものがあるのか、どこまで研究が進んでいるのか、どこまで効き目があるのかなど知っておくに越したことはないと思いました。

今回は、「育毛」「発毛」「植毛」について簡単に紹介したいと思います。

この三つの言葉は調べていると何度も出てくる言葉ですが、正直何が違うのかわからないという人も多いかと思います。

少し調べてみると、頭皮の状態によって必要になる処置が違うようです。

もしかすると、市販の育毛剤を使っている方で自分の頭皮に合っていない方もいらっしゃるかもしれません。

むやみに使うのではなく、自分自身がどの分類に当てはまるのかしっかり調べてから使うと効果も違ってくるのかもしれません。

 

育毛、発毛、植毛の違いとは?

薄毛になってきた。すでに抜けてしまっているなど症状は様々です。その人に合った治療法や薬があります。まず、自分はどの分類になるのかしっかりと把握する必要があります。

育毛

生えている毛に対して刺激を与える治療法になります。

そのため、生えていない部分に育毛剤などを使用しても効果がない、または効果が薄いということになりますね。

しっかり成長せず、通常だと細く短く抜けてしまうような毛や血流の流れが悪くなることでの毛のコシやハリを改善します。

薄くなってきたなと感る方や髪のハリなどがなくなってきたなと感じる方におすすめの治療法です。

 

発毛

漢字でもおおよそわかるかもしれませんが、眠っている毛根を活性化させる治療法になります。

意外と知られていないのですが、生えてこなくなった部分だったとしても、その下にはまだ残っている毛根がある可能性があります。

休眠している可能性があります。その休眠中の毛根に働きかけることによって髪の毛の機能を復活させます。

薄毛に悩んでいる方は恥ずかしくて相談などもできず、自分に合わない育毛剤などを使用する方が多いと聞きますが、もし休眠状態であれば再生する可能性が高いようです。しかし、休眠期間が長ければそのまま死滅してしまうこともあるようですので、気になったらすぐに病院などで相談することをお勧めします。

今勇気を振り絞るのか、手遅れになって一生恥ずかしい思いをするのかどちらが良いかといわれれれば前者のほうが良いと思います。

「発毛」に適している方は頭皮が見えてしまうほど「脱毛」が進行してしまっている方が適している治療法になります。

 

植毛

こちらも言葉の通り、毛を植えるということです。

簡単に言うと生きている毛根を移植する治療法になります。

男性ホルモンの影響を受けない側頭部、後頭部の生きている毛根を発毛させる方法になります。

すでに毛根が死んでしまっている場合に効果が期待される治療法になります。

 

治療だけでなく、現在は薬もあります。これらを自分に適切な方法で実践することで最大限の効果が得られることが分かっています。

 

簡単に言うと、治療だけでも薬だけでもダメだということですね。

一人で悩まず、専門の先生に受診することが大切であるということです。

 

注入治療

この治療法は薄くなった頭皮に直接成長因子のある細胞を注入して発育を促進させる再生医療になります。

 

育毛、発毛、植毛をするだけでなく自分自身でヘアケア!方法は?

自分に合った治療を探すのも重要ですが、一番重要だと思うのが、毎日のヘアケアになります。

シャンプーやコンディショナーを育毛専用のものに変えるだけでは効果は薄いかと思います。

なんでも継続が大事です。

髪に必要な栄養素を含んだシャンプーコンディショナー、食事でも栄養素には少し注意をしておいたほうが良いかもしれません。

よく言われるのは過剰に脂っぽいものの接種を避けることや頭皮にストレスになるようなことは避けるといった最低限のヘアケアは自分で簡単にできるので、まず実践してみてください。

 

最近、脂っこい食事になりがちなので私も食事には注意したいと思います。

 

育毛、発毛、植毛の治療をするのはどこがいい?

最近、育毛などに力を入れているクリニックなども多いですが、多すぎてどこを受診すればよいのか迷ってしまいます。

 

話は少しそれるのですが、私はヒゲの脱毛をしているのですが、行こうと思って調べてみると情報が山のように出てきて混乱してしまいました。

脱毛も種類があり、医療に分類されるクリニックであったり、医療には分類されないサロンであったりとたくさん調べました。

病院も山のようにあるため、決めるのにかなり時間がかかりました。

今は脱毛を実際に1度体験できるものもあります。

育毛も無料体験を行っているところはたくさんあるので、実際に実感してみるのも良いかと思います。

中には体験を利用してその場で契約を持ち掛けてくるクリニックもあります。

私は「検討してみます」とはっきりと述べて帰ります。

重要なのはハッキリと伝えることです。お店側も曖昧な回答だと困ってしまいます。

 

脱毛に関してですが、まず私は大手病院と小規模病院で調べてみました。

結果として大手病院では設備が整っているところは多いですが、特化したところは少ないと感じました。

 

逆に脱毛サロンなど個人の病院やサロンでは脱毛に特化しているのが強みになります。

また、コンプレックスを持った患者さんが多いためプライバシーに関してもしっかり配慮されているところが多いです。

私の行ったクリニックは初診では簡単な説明と面談のようなものがあるのですが、話をするところは完全な個室になっています。

 

脱毛と育毛ではだいぶ違いはありますが、私の調べた中では同じで大手病院よりも小規模病院(専門)のほうが一人ひとりに合った治療ができるのではないでしょうか。

 

育毛、発毛、植毛の最先端治療!再生医療とは?

現在、育毛などの治療で注目されているのが再生医療です。

簡単に言うと、正常な毛根の細胞を培養して移植したり、「iPS細胞」から作ることも可能になっています。

実際に世の中に出回るにはコストなどの問題があるようですが、近い将来、低コストで実現する可能性は十分にあると私は思っています。

 

育毛、発毛、植毛に大事なこと!

上記でもお話ししましたが、早い段階から治療をすることが非常に大事になります。

癌などの病気もそうですが、早期に発見できれば転移が最小限にし摘出、完治する可能性が高くなります。

同様に、薄毛に関しても早期に適切な治療を施すことによって症状を遅らせることが可能です。

また、治療費も抑えることができるので気になったらすぐに専門の病院に行ってください。

 

まとめ

AGA治療の費用などについても紹介したかったのですが、話が脱線して長々紹介してもよくないと思うので別で紹介したいと思います。

病気などもそうですが、早いに越したことはないということですね。

最後まで見て頂きありがとうございます。

 

AGA(男性型脱毛症)とは?原因や費用は?治療法の種類は?お勧めの病院は?

※男性型脱毛症(AGA)は2021年現在でもメカニズムがすべて解明されていない

 

スポンサーリンク