携帯電話の法改正がついに10月からスタート!何が変わる?調べてみた

 

こんにちは、かっこいいとは何か日々考えているSekineです。

今回お話しするのは、表題でもわかると思いますが、ついに日本で携帯電話に関する法改正が行われるという情報を耳にしたため皆さんと情報を共有したいと思い簡単に調べることにしました。

 

改めて日本の携帯電話事情について調べてみたのですが、海外と比べて思っていたよりもひどい状態だったことが分かりました。

 

私が携帯について思っていることが大きく分けて2つあります。

 

携帯料金がものすごく高い!

プランがわかりずらい!

 

ほとんどの皆さんが思っていることだと思います。

 

今回は、2021年10月1日から法改正によって何が変わるのか、私たちにどういった影響があるのかなど簡単に見ていければと思います。

 

携帯の法改正とは?

まず、この法案が可決・成立したのは5月10日の参議院で5月17日公布、「電気通信事業法」という法律の一部改正を10月1日に施行を決定したことのようです。

 

法改正の内容は?

簡単に改正内容を見てみると、

 

「通信料金と端末代金の完全分離」

「行き過ぎた囲い込みの是正」

「販売代理店の届出制度」

「事業者や販売代理店による勧誘の適正化」

 

上記が新しく盛り込まれたようです。

 

法改正のメリット、デメリット

実際に法改正された場合、私たちにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

正直なところ現在のところデメリットになる要素は少ないのではないでしょうか。

問題となりうるところとしては、格安プランにするために携帯端末とSIMカードを別々で購入して自身で手続き設定をする必要が出てくると機械に疎い人は大手キャリアのままでよいと思ってしまうかもしれません。

 

海外では携帯端末とSIMカードは別々で購入するというのはスタンダードであり、今の日本のシステムが遅れています。

 

当たり前のように大手キャリアで携帯を使ってしまっているため、現状維持でよいと考えてしまう方は多いのかもしれません。

 

もちろん、メリットとしてはこれまでの携帯料金より格安で使用できるということになります。

 

ここで心配になるのが、通信速度やサービスの低下が心配になる方がいるかと思いますが、まったく問題ないとは言えませんが、通信速度やサービスはそこまで変わることがありません。

 

サービスがありすぎて使いこなせていないというのが正直なところです。

実際に、これまで携帯を使ってきてどれだけのサービスを利用してきたかと思い返すと対して使っていなかったことに気づきました。

 

通信速度に関して、簡単な例をあげると、大手キャリアの回線が5車線の道路とします。

 

それに対して、格安SIMキャリアの回線は3車線の道路になります。

 

車通りが多くなってくると、3車線道路のほうが早く渋滞します。

 

しかし、これに関しては整備が進んでおり渋滞の解消も早くなっています。

 

通常使う分に関しては問題ないと聞いています。

 

このように、法改正に伴い携帯業界は大きく動き出していくのではないでしょうか。

 

そもそも法改正の狙いとは?

なぜ、このような法改正が必要なのでしょうか。

簡単にご説明すると、今までは私たちが携帯料金についてしっかり理解していなかったというところで、理解して自分にあったものを使いましょうという狙いにあります。

 

多くの方が大手キャリアで契約されていると思いますが、その中で何人の方がプランについてしっかり理解しているのでしょうか。

 

しっかり理解して使われている方は全体の1割もいらっしゃらないと私は思っています。

 

法改正をすることで料金が見やすくなるため自分に合ったキャリアを選ぶことができます。

 

また、端末と通信料金が完全に分離するため強引な割引などでお客様をつなぎとめることができなくなります。そのため、通信料金の価格競争に持っていきたいという狙いがあるのではないでしょうか。

 

Sekineの一言

10月から電気通信事業法が改正され携帯業界は大きく動いていくことになります。

すでに、格安会社が顧客確保のために動いているのを聞いています。

 

端末と通信料金が完全に分離するため、うまくすれば大幅に携帯料金を安くすることも可能ということです。

 

「私は携帯音痴だから」などと言って今までのプランのままにせず、一度調べてみることをお勧めします。

 

政府でも問題になっていましたが、携帯料金というのは年々増加傾向にあり、その月々の支払いが生活を逼迫させている一つの要因であるとしています。

 

その問題を少しでも解決できるのであれば調べてみる価値はあるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク