SNSで話題の「糸ピンス」とは?次に流行する?!インスタ映え?なに?どこで食べられる?場所は?お店は?値段は?調べてみた!




こんにちは!

カッコいいとは何か日々考えているSekineです。

今回は次に流行る「糸ピンス」と言う食べ物について見てみたいと思います。

「糸ピンス」は韓国で年中愛されている商品で、簡単に言うと「韓国のかき氷」と言うものです。

実際にどういったものなのか、実際に韓国のお店と一緒に紹介したいと思います。




SNSで話題の「糸ピンス」とは?次に流行する?!お値段は?お店は?

日本のかき氷と言うと、スプーンで食べるのが一般的ですが、韓国のかき氷はナイフとフォークえ食べるそうです。

韓国でも話題となっている「糸ピンス」を提供しているのがtiraventoと言うお店です。

引用:https://re-korea.com/wp-content/uploads/2018/06/tiravento20.jpg

お店の雰囲気は落ち着いたシンプルな内装ですね。

こんなお店でかき氷が出てくるとは想像もつきません。

「糸ピンス」を提供しているお店の平均の値段は10000ウォンを超えるそうなのですが、このお店は何と7500ウォンで食べられるそうです。

韓国のYouTuberの方でお店を紹介している方がいたのでのせておきます。




SNSで話題の「糸ピンス」とは?インスタ映え!作り方は?

引用:https://re-korea.com/wp-content/uploads/2018/06/tiravento3.jpg

何が話題となったかと言うと、やはりその見た目ではないでしょうか。

「糸ピンス」が実際に作られている動画です。

氷を薄く削っているのは日本のかき氷と同じですが、削り方が全く違いますね。

正直に言うと、私は韓国のかき氷のほうが好きですね。

日本のかき氷も美味しいのですが、日本のかき氷は食べるのが難しいんですよね。

あるかき氷好きの芸能人が食べ方を教えている番組があったのですが、その食べ方をしてもうまく食べれなかったんですよね。

それに比べて、韓国の「糸ピンス」は平べったいということで非常に食べやすいですよね。




https://www.instagram.com/p/BlUnEYVF-nD/

View this post on Instagram

.

A post shared by 카페 티라벤토 (@cafe_tiravento) on

上の動画は「糸ピンス」を実際にナイフで切っている様子です。

もはやかき氷ではないですよね。

どんな味や食感がするのかぜひ一度食べてみたいですね。




SNSで話題の「糸ピンス」とは?種類は?

「糸ピンス」の種類に関しては、お店などによって違うと思います。

今回は、ネットに投稿されている一部を紹介させていただきます。

・抹茶糸ピンス×チョコアイス

引用:http://www.noritter.com/noritter/system/App/BlogBody/photos/000/054/255/original/0779766dc0c88c4c6a53d25255a5298d.jpg

私は抹茶とチョコ大好きなのでヨダレがでそうです。

・ソーダ糸ピンス×ヨーグルトアイス

引用:http://www.noritter.com/noritter/system/App/BlogBody/photos/000/054/252/original/04e990c7ba34b49025e8d684736a1e77.jpg

夏にはピッタリのさわやかな感じなのかも知れないのですが、正直私は抵抗がありますね。




・いちご糸ピンス×チョコ

引用:http://www.noritter.com/noritter/system/App/BlogBody/photos/000/054/231/original/141c7569e2152f38a0e6b71a939f2288.jpg

ピンク色でとても可愛いですね。

女性に人気が出そうです。

このように組み合わせ次第では何通りものレパートリーが楽しめます。




糸ピンスとパッピンスとの違いは?

糸ピンスは韓国のかき氷「パッピンス」をもとに開発されたものです。

ちなみに、「パッピンス」は以前から日本でも大人気となっているかき氷です。

スイーツ激戦区の原宿でも常に行列ができるほどです。

日本のかき氷と韓国のパッピンスの違いを簡単に言うと、氷のキメの細かさではないでしょうか。

見た目は同じように見えますが、食感が全然違います。

ぜひ、食べ比べてみてください。

Sekineの一言

今回は日本で話題の「糸ピンス」について見てみました。

まだ、日本の認知度はそこまでないのですがもう少ししたら爆発的な人気となるはずです。

流行に敏感な方は、ぜひ抑えておいてほしいですね。

最後まで見ていただきありがとうございました。




スポンサーリンク