TSUTAYA AIとは?魅力は?機能は?映画版がスタート?自分に合った作品を提供してくれる?!




こんにちは!

カッコいいとは何か日々考えているSekineです。

今回は「TSUTAYA AI」について見ていきたいと思います。

TSUTAYAなどレンタル業界はインターネットが普及してから利用者が年々減っているのが現状だと思います。

以前、私もよく利用していたのですが、最近はネットで見るようになり全く利用しなくなってしまいました。

しかし、レンタル業界もこのままでは終わらなそうです。

TSUTAYAは2018年8月30日に新しいサービスを発表しました。




TSUTAYA AIとは?自分に合った作品を提供してくれる?!

引用:https://prtimes.jp/i/18760/597/resize/d18760-597-353306-0.jpg

なんと、Twitterの投稿した文章などを分析して、その方に趣味趣向に合った作品を進めるサービス「TSUTAYA AI」の映画版の提供を開始しました。

たまに、レンタル店にいって映画をレンタルするのですが、一番苦労するのが自分の好き分野の映画を探すことなんですよね。

私は洋楽が好きなのですが、その中でスパイ映画や北欧映画などを好んでいます。

以前、レンタル店に行った際は1時間ほど探し回りましたね。

TSUTAYA AIは自分の好みに合った映画をお勧めしてくれるので、まず探す手間がなくなりますね。




TSUTAYA AIとは?機能は?分析方法は?

一体、どのように分析しているのでしょうか。

いわゆる今流行の人工知能を使った分析ですね。

若者の言葉や顔文字、絵文字もふくめてTwitterに投稿される72万種類の単語を認識するそうです。

単語だけでなく、機能学習によって単語と文章の意味合いを見ながら正しく分析できます。

それだけでなく、統計学を使用して作品の好き度を計算、自分にあった映画ランキングが作成されます。




TSUTAYA AIとは?利用方法は?

引用:http://ecnomikata.com/ecnews/images/19885_3_ts002.jpg

実際に、使用するためにはTwitterのアカウントが必要になります。

しかし、サービスを受けるためにTSUTAYAカードなどは必要ないようです。

TSUTAYA AIの公式ページでTwitterと連携させます。

TSUTAYA AI 公式ページ

そうすると、自分にあった映画20作品が自動的にランキングされるシステムになります。

そして、そのランキングなどをTwitterに投稿するとフォロワーと楽しむことができるというわけです。

このシステムのすごいところは、ツイートが増えることでさらに分析されランキングなどがその都度更新されるということです。




TSUTAYA AIとは?利用方法は?従来機能との違いは?

私がすごいと思ったのは、以前は購入履歴や閲覧履歴から分析を行いお勧めを選んでいました。

ツイッターは人によって使われ方が違うと思いますが、その時に思ったことをつぶやいている人は多いのではないでしょうか。

いわゆるツイッターでつぶやいた言葉を分析することで、自分の趣味趣向にあった作品をお勧めすることができるということですよね。

従来と何が違うかと言うと、閲覧履歴などからも関連映画をお勧めとして提供してしまうところですね。

閲覧した映画が全て購入を目的に選ぶことはありませんよね。

私も洋楽が好きですが、たまに邦画を閲覧することがあります。

その場合、私が邦画も好きだと判断してしまいお勧めとして洋画だけでなく邦画の作品も出てきてしまうということになります。

簡単に言えば、「TSUTAYA AI」はTwitterで洋画が好きだーと常につぶやいていれば洋画の作品のみお勧めしてくれるということですね。

仮に「邦画も好きだけど洋画が一番」などとつぶやくと、人工知能が文章を分析して邦画ではなく洋画の作品をお勧めとして提供してくれます。

また、投稿した文章を分析してお勧めの作品を探してくるため、これまで触れてこなかったジャンルの映画もお勧めとして表示されるかもしれません。

これまで触れてこなかっただけで、自分にあった作品かもしれないということですね。

まだ、見たことのない作品に出会えるかもしれません。

利用は無料ですので試しにやってみるのもいいかと思います。




Sekineの一言

引用:https://prtimes.jp/i/18760/597/resize/d18760-597-626973-1.jpg

今回、「TSUTAYA AI」について見てみました。

人工知能がここまで発達していたとは正直思いませんでしたね。

もう、以前のように自分が好きそうな作品を一つ一つ探す必要がなくなるということですね。

私は「これが見たい!」と思ってレンタル店に行くことが少なく、行ってから決めるタイプなのでとても時間がかかります。

名前で気になった作品は裏表紙を見て作品のあらすじからレンタルするか決めていました。

しかし、今回のサービスをつかえば、いちいち裏のあらすじを見る必要がなくなるということですよね。

さっそく、Twitterと連携させたいと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。




スポンサーリンク