ディズニーシー拡張計画!!なぜ?理由は?値上げでは混雑を緩和できなかった?




日本にはいくつものエンターテインメント施設がありますが、日本で一二を争う人気エンターテインメント施設と言えば、ディズニーランドとディズニーシーですよね。

そんな、オリエンタルランドが運営する東京ディズニーシーの面積を今の約3倍に拡張することを発表しました。

引用:http://px1img.getnews.jp/thumb/ext/2053332

上の写真は新しく建設する予定の新スポットです。

すでに、拡張したディズニーシーには「アナと雪の女王」などの3つのディズニー映画をテーマとしたエリアが建設されることが決定しています。

ディズニーファンとしてはまさに夢のような話だと思います。

また、リニューアルなどと違って拡張ですので今までになかったものが増えると思って間違いありませんよね。

しかし、日本におけるテーマパークでは一二を争う集客力を誇っているディズニーがなぜ今拡張するのでしょうか。

入園者数を調べてみると、近年では年間を通して3千万人ほどいるようです。

逆に言うと、そこが頭で入園者数が伸び悩んでいるというのが現実ですね。

また、ディズニーの混雑に関してはかなりの不満が上がっているようです。

繁忙期などで訪れると乗物なら2時間3時間待つのは当たり前ですよね。




私は並ぶのがそんなに好きではないのでディズニーには最近全く行きませんが、よく行く友人や知人に話を聞くと数時間並ぶのは普通だと聞きます。

考えてみると、繁忙期にディズニーに行ったと仮定します。

そして、乗り物が全て2時間待ちだとします。

10時に行って休憩をとらず夜の8時まで乗物に乗るとすると、わずか5つの乗物しか乗れないことになりますよね。

もちろん、何度もディズニーに行っている人であればスムーズに乗物に乗るための方法なども知っていると思いますが、普通の人はそのようなことは出来ませんよね。

また、お昼やトイレ休憩などもいれると実際に乗物に乗ってディズニーを楽しんでいる時間は一体どのくらいなんですかね?

ディズニーの拡張はそういった混雑の緩和や外国人観光客の新しいファンの拡大による入園者数の増加が理由かもしれませんね。

調べてみましたが、ディズニーは2013年度に初めて3千万人を超え、それ以降「アナと雪の女王」のパレードが始まると2014年には過去最高の3137万人を記録しています。

これに伴って同時に問題となったのが人気のアトラクションに乗る時の混雑です。

また、私が驚いたのはオリエンタルランドの株式は他の株式と違って安定していると聞きます。

その理由が持ち株の人たちがディズニーのファンで手放すことがないからそうです。

それと同じで、入園者の約9割がディズニーのリピーターだそうです。




思い返してみると、ディズニーに行く友人や知人は過去にも何度もディズニーに行っている人がほとんどだったことを思い出しましたね。

それだけ魅力がたくさんあるのがディズニーだということですね。

そう考えると、拡張されるエリアと言うのは今までよりも魅力がある施設になると私は予想しています。

そうすると、混雑緩和ではなく逆に今まで以上に嬉しい悲鳴になってしまうのではないかと私はおもいましたね。

ちなみに、拡張するにあたって投資する資金はおよそ2500億円だと言われています。

2022年には拡張したエリアを開園したい考えだそうです。

引用:https://otajo.jp/files/2018/06/39210ad822628b3db48d6a9df9d4d0b7-800×600.jpg

さらに、新たに拡張されるエリアのアトラクションについても触れており、新たなエリアには客単価の高いホテルも建てられる予定だそうです。

また、子供から高齢の方まで楽しめるように激しいアトラクションを減らすとしています。

8番目のスポットとなるエリアは「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」がテーマとなっているようです。

題材となるディズニー映画は「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」、「ピーター・パン」の3つになります。

引用:https://portal.st-img.jp/detail/d44c739fa17ba3be7d58918ab96152c4_1528960282_2.jpg

上の写真は「アナと雪の女王」をイメージしたエリアになります。

ヨーロッパ風のレンガ洋式がファンタジーを連想させますね。




引用:https://c01.castel.jp/picture?url=https%3A%2F%2Fcastel.jp%2Fimg%2Fup%2F387843b68b75d0388e15be958cf87faf.jpg

こちらは「塔の上のラプンツェル」をイメージしたエリアです。

映画でも登場した塔がありますね。

また、こちらのエリアは「アナと雪の女王」とは違って緑が多いかもしれません。

引用:https://c01.castel.jp/picture?url=https%3A%2F%2Fcastel.jp%2Fimg%2Fup%2F5a54fbd4bcf7b8f9d47b4b3da9d2917a.jpg

そして、最後が「ピーター・パン」をイメージしたエリアです。

有名な海賊船も左に見えますね。

子供が指を指している方向には火山のような山が見えますが、この山は現在のディズニーシーにある有名な山ですかね?

妄想がどんどん膨れ上がってしまいますよね。

引用:https://c01.castel.jp/picture?url=https%3A%2F%2Fcastel.jp%2Fimg%2Fup%2F9d481f09bdf1e005a14dab8b5ae880b6.jpg




そして、こちらは外国人観光客など富裕層をターゲットにすると思われるホテルです。

一言でいうと「お城」ですよね。

お城に一度住んでみたいと思っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ開園した際は泊ってみてください。

他のディズニーホテルとはぜったに違った発見があるはずです。

また、2020年の東京オリンピックから外国人観光客が増加すると私は思っています。

この波に乗れるか乗れないかでどの分野でも成功と失敗がわかれるのではないでしょうか。

ぜひ、夢の国としてのディズニーを完成させてほしいと思います。

また、新たな情報がありましたら皆さんと情報を共有したいと思っています。

最後まで見ていただきありがとうございました。




追記!!東京ディズニーランドが2019年10月に入園料値上げ?理由は?原因は?価格は?

引用:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/Genppy/20160214/20160214093119.jpg

大ニュースが飛び込んできたので皆さんと情報を共有したいと思います。

日本のアミューズメント施設で長年トップを走り続けている東京ディズニーランドですが、以前、混雑などを緩和する狙いなどから入園料を値上げしたことをおぼえていますでしょうか。

その入園料がさらに上がるという噂があることを皆さんはご存知でしょうか。

近いうちに家族とディズニーランドへ行く計画をしているのでとても不安です。

そこで、実際に上がるとすると時期はいつなのか、またどのくらい値上げするのかなどわかる範囲で見ていきたいと思います。

東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドの上西京一郎社長はこの入園料引き上げについてインタビューに応じていました。

引用:http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/8/28a79_368_49dd497d9dd0742a0f01c09f6654e07a.jpg




値上げの理由については、平成31年~32年ごろに新しいアトラクションや大型施設が稼働することによって来場者に新しい価値を提供できると考えているからだそうです。

それだけでなく、その時期は消費税引き上げも予定されていることも理由として挙げています。

しかし、現在の入園料が大人7400円と考えるとこの価格からさらに値上げされるというのは個人的には考えるものがありますね。

過去には200円、500円、500円と値上げしていることを考えると、今回の値上げは500円以上と考えて良いと思います。

チケット代が1万円台になるのも、そう遠くないかもしれませんね。

気軽に楽しめる施設ではなくなってしまいそうですね。

年間来場者が3000万人から足踏みしている現在を新アトラクションや施設拡張などで増やす狙いがあるのかもしれませんが、それらの負担を来場者にかけてしまうのは本末転倒なのではないかと私は思ってしまいますね。

まだ、詳細は発表されていませんが社長がインタビューに答えていることを考えるとチケット代の値上げは確実だと思われますね。

夢の国である以上は個人的には夢を壊してほしくないと願っています。




スポンサーリンク