SNSで話題!自動販売機が溶ける?!インスタ映え狙うトリックアートが話題!!




最近、「インスタ映え」と言う言葉と色々なところで聞きます。

今回は栃木県のある美術館について紹介したいと思います。

まさに、今の地球の現状を表しているかもしれません。

インスタ映えと言うだけでなく、この写真をきっかけにもっと地球環境についても考えていかなければならないかもしれませんね。

それでは本題に入りますが、今回話題となっているのが栃木県の那須町にあるトリックアート美術館が作成した作品です。

この作品は美術館の中ではなく、道路沿いに作られており入館料を支払わずに誰で無料で撮影することが可能です。

引用:http://www.trickart.fun/column/677

また、あえて後ろに本物の自動販売機を置くところが考えられていますね。

引用:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.withnews.jp/2018/06/06/2/2b/22ba37c0-l.jpg

別の角度から見ても本物の自動販売機としか見えませんね。

この作品が展示してある場所は、栃木県那須町の「那須とりっくあーとぴあ」と言う美術館になります。

私も何年か前に一度訪れたことがありますが、館内には様々なトリックアート作品があり大人も子供も楽しむことができる美術館だと思います。

栃木方面に旅行に行った際は行きでも帰りでも寄る価値があるかもしれませんね。

また、この作品の題名がそのままで「自販機、溶けちゃった」と言うそうです。

この作品の担当者はこの作品に関してこのようなコメントをしています。




「これまでのトリックアート作品における撮影の楽しみ方は、作品の前でポーズをとって撮影することで作品の世界に入り込んだ写真を完成させることでしたが、今回は立体造作物を屋外に設置することで、空間との関係性や、形にとらわれない自由な発想で写真を撮影することが可能になっています」

「自然の中にあえて非現実的な空間を演出することで、このような形であるべきだという必然性がくずれる時の不思議さや、起こりえない事象に対する驚きと感動を生み出すことで、あらたな体験価値を生み出していきます」

調べによると、このトリックアート作品の土台は木製だそうです。

その土台にFEPと言う樹脂で表面を作り、さらに驚きなのが外観は全て手書きで描かれているそうです。

今後もさらに驚きや不思議さを体験できる作品をどんどん準備していくそうなので、これからも話題になるかもしれませんね。

その都度、皆さんと情報を共有できればと思っています。

また、上記でもお話ししましたが私の個人的意見ではインスタ映えだけでなくこの作品を見ることでどれだけ地球温暖化が進行しているかなど考えるきっかけにもなればいいと思っています。




スポンサーリンク