米スターバックスがストロー不要のフタを導入!なぜ?その理由は?原因は?




最近、地球温暖化が問題視されていますが、そんな中地球環境を良くしようとする動きもあることを知ってほしいと思います。

そんな運動を始めた米スターバックスについて簡単に紹介したいと思います。

引用:http://www.narinari.com/Nd/20180549755.html

米スターバックスが一体何を始めたかと言うと、スターバックスだけではなく、色々な飲食店で使われているストローが不要なフタを導入したことです。

なぜ、それが環境に良いのかと言うと最近ではプラスチックはリサイクル品として選別されますが、中には廃棄プラスチックと言われるものがあるそうです。

引用:https://www.jrits.or.jp/2r-info/1292

その廃棄プラスチックは年間でおよそ800万トン海に垂れ流されているのが現状だそうです。

そのプラスチックを餌だと思い捕食してしまう海洋生物も報告されているそうです。

このように廃棄プラスチックによって環境汚染が広がるのを阻止するために最近では欧米でプラスチックのストローを無くす運動が盛んになっているそうです。

欧米では小さなストローはリサイクルされにくくそのまま埋め立て地に運ばれるそうです。

実際に、ストローの廃棄を減らすために法律でストローの廃止を定める地域まで出てきているそうです。




最近では海外で流行しているものは日本にすぐに流行りますので、将来的には日本でもストローが規正される日はそんなに遠くないかもしれません。

そんな取り組みから米スターバックスでは「冷たい飲み物でもストローを使わないで飲めるカップ」を導入したそうです。

もともと、そのカップは特別なドリンクの上に浮いている泡と一緒に楽しめるように開発されていたそうですが、最近ではお客様に冷たいドリンクを注文した場合でもどちらか選べるようにしたそうです。

大手メーカーがこのように環境問題に取り組むことで他の企業や私たちのような個人も感化されるのかもしれませんね。

大手になると、その行動によっては国まで動いてしまいますので良い面もありますが逆に悪い面もあるかもしれませんね。

しかし、今回の米スターバックスの件に関してはとても素晴らしいものだと思います。

将来的にはストローが無くなる日もそう遠くないかもしれません。

忘れてはいけないのは、ストローだけでなく世の中にはプラスチックの製品が山ほどあります。

しっかりと分別しなければストローのように廃棄プラスチックになってしまっているということですので、小さなものでもしっかりと分別する癖をつけましょう。




スポンサーリンク