SEO対策を考えた記事づくり!そのツールとは?使い方は?これで記事の内容に困ることはないはず!




サイトを運営し始めた人で毎日の記事のキーワード選びに苦しんでいる人はいませんか?

ちなみに、私も以前は毎日記事の内容について考えていました。

引用:https://www.lifehacker.jp/2017/01/170108_cybozu_shiki.html

そこで、私はインターネットで色々と調べてみたのですが、なかなかわかりやすく解説してくれているサイトがありませんでした。

そのため、結局は独学で記事のキーワード選定を行ってきました。

しかし、私は同じ悩みで私のように独学で時間をかけて慣れていく人を見たくないと思い、今回はSEO対策をふまえた記事を作成するためのツールを紹介したいと思いました。

私も色々な方法を試したのですが、今のところこれから紹介するサイトが良かったので、行き詰っている人はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

今回紹介するのは、作成したい記事に対してその内容に需要があるのかなどが確認できるのと、記事に関してより見てもらうための方法などを紹介できればと思います。




SEO対策を考えた記事づくり!そのツールとは?キーワードを探したいとき!

引用:http://ground-sesame.hatenablog.jp/entry/2015/02/22/075730

<Goodkeyword サイト>

引用:http://k-strategy.net/goodkeyword_how_to_use

記事を書きたいキーワードに関して検索されている関連キーワードなどを検索することができます。

例えば「魔法」についての記事を書こうと思っているとします。

そこでこのサイトを使うと、関連キーワードとして「ハリーポッター」と出てくるとします。

これは、魔法と検索した人はハリーポッターと言う言葉も検索しているといった感じですかね。

そのため、記事の内容にハリーポッターについて書くことでより多くの方が見てくれる可能性が出てくるというわけです。




<グーグルサジェスト キーワード一括DLツール>

引用:https://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/31606/

検索した際のキーワードサジェストからキーワードを紐づけて抽出してくれるツールです。

<GoogleAdowors キーワードプランナー>

引用:https://ferret-plus.com/2138

対象のキーワードがどれだけ需要があるのか調べることのできるツールです。

これはとても重要ですよね。

見たい人がいればいるほど検索される率も上がりますからね。

<Google トレンド>

引用:https://knocknote.jp/

これはそのキーワードの時期ごとの需要増減を把握することができます。

「さくら」「紅葉」など季節によって需要が変動するキーワードに関してタイミングを計ることができます。

毎年やってくる季節のキーワードは一度作成すれば自分の財産になります。

ぜひ、キーワードの変動を確認しておきましょう。

<キーワードウォッチャー>

引用:https://techacademy.jp/magazine/1047

有料ツールと言うだけあってとても作業効率がよいものです。

時期ごとのキーワード、関連キーワードなどの検索ボリュームなど情報を調査できるものです。

まとめ

引用:http://cocomachi.tokyo/free-formservice-1

今回はSEO対策について簡単に紹介しました。

しかし、SEOと言うのは毎日ランダムに変更されているので何が正しいとは正直誰もわからないと思います。

わかるとすれば、GoogleでSEO担当の方だけではないでしょうか。

ですが、SEOだけを考えて記事を書くのは楽しくありませんよね。

せっかく記事を書くなら読み手に「面白い」「また見たい」と思ってもらえるような内容の記事を書いてほしいと私はおもいます。

そうすれば、おのずと人気のサイトになっていくのではないでしょうか。

最後まで見ていただきありがとうございました。



スポンサーリンク