給料前払い制度導入会社が増加?!なぜ?理由は?




みなさんは、お給料の形態はどのようになっていますか?

日払いの日給や週給、月給、年俸制度など給料形態は会社や職業によってさまざまだと思います。

しかし、日本の多くの企業が採用しているのが月給制度だと思います。

そのため、多くの方が月末にサイフがピンチと言うことを経験しているかもしれません。

実際に私の友人たちも月末になると「お金がない」などと口にしています。

そんな中で今話題となっているのが給料の前払い制度です。

引用:https://assets.media-platform.com/lifehacker/dist/images/2015/07/150721_enjoy_pay-w960.jpg

これまでこの前払い制度を導入している会社は極端に少なく数%にも満たなかったのではないでしょうか。

その理由としては、数々あると思います。

中でも給料の支払い形態が多くなることで事務処理が多く、また複雑になることが会社にとって負担となるため採用されていませんでした。

それだけでなく、前払いにすることで会社の資金繰りが悪くなるということも挙げられますね。

会社も多くの支払いがあります。

そのため、前払い制度を導入してしまうと支払いに資金を使わなければならず、ギリギリの資金繰りをしている会社にとっては問題となってしまうからです。

しかし、最近ではこの前払い制度を導入する企業が増えているそうです。

その背景には、人手不足が深刻化しており給料面で融通の利くところなどをアピールしなければ人手が確保できなくなっているのが事実だそうです。

実際に、新入社員の内定率は上がっており選ばなければどこでも入ることができるとまで言われています。

また、なぜ労働者は前払い制度が必要だと考えているのでしょうか。

この一番の理由としては実質賃金の低下で生活が困窮していることが言えます。

給料に対して生活費が高騰しており、生活できなくなっているということですね。

大企業は給料を毎年上げているとメディアでも取り上げていますが、中小企業を見てみると給料は全く上がっていません。

それに対して、物価も上昇しているため給料が上がったとしても以前と同じかもしくは低い生活水準になってしまうということですね。

特に、日本は中小企業の割合が多い為、給料が変わらず物価が上昇してしまえば生活水準は低くなりますよね。

そのため、前払い制度を必要としている人が増え企業としても対応せざるおえなくなったのではないでしょうか。

また、以前に比べて前払いをすることが企業にとって手間をかけなくて済むようになったのも前払い制度を導入する企業が増えた要因ではないでしょうか。




給料前払い制度導入会社が増加?!なぜ?理由は?アプリやサービスを提供する企業や銀行とは?

引用:http://www.afghan-harm-reduction.org/img/money2.jpg

こういった前払い制度を請け負っているのはフィンテック企業や金融機関だそうです。

企業にもよりますが、前払い制度を契約した企業の従業員は給料日前にスマートフォンのアプリで申請することにより給料日前であってもほしいだけのお金を登録してある口座に振り込まれるそうです。

引用:http://www.a-t-company.jp/wp-content/uploads/2017/02/mae07.png

今まで前払いを希望する際、上司や経理に直接承諾を得なければならなかったところをこういったサービスを使うことで了解をえる必要がなくストレスなくお給料を前払いできるというわけです。

以前、務めていた会社で給料日前に前払いを上司に話していた人がいたのですが、上司に頭を下げて色々な理由を並べていたところを見てとても切なくなったことをおぼえています。

良く考えると、働いた分のお金をいつもらってもいいのかもしれませんよね。

逆になぜ働いている側が頭を下げてお金をもらわないといけないのでしょうか。

そう考えると、こういったサービスは前払いをする側としては気軽にできて良いサービスかもしれませんね。

しかし、このようなサービスは法律的にリスクがあるという専門家もいます。

なぜかと言うと、務めている企業が直接前払いをすることは問題がないそうです。

しかし、そこに他の事業者をかませるということは簡単に言うと資金を立て替えて支払うということになります。

それは給料を担保として融資を行っているということになりませんか?

また、前払いが簡単にできてしまうということでさらに生活が困窮してしまう家庭が出てくる可能性もあります。

今までは、お給料日までお金が入ってこないため強制的に生活水準を落とす必要がありました。

しかし、前払いが容易にできてしまうと生活水準を落とさなくて済みます。

一見すると良く感じますが、前払い制度を利用するということは、給料日の給料から差し引かれているということです。

もらえる給料は変わりませんので自分で自分の首を絞めているだけだということに気づかなければならないのです。

今後、前払い制度を導入する企業はさらに増加すると思いますが、良いサービスと言うものには裏が絶対に存在することを忘れてはいけません。

何度も言いますが、前払いと言うものは一見するとよさそうですがもらえる給料が増えているのではありません。

実際は自分の首を自ら絞めていることを忘れてはいけないということをおぼえておきましょう。




スポンサーリンク