横綱「日馬富士」が暴行?なぜ?理由は?原因は?現在と今後は?




土俵での「ツッパリ」が印象的だった横綱「日馬富士」さんですが、驚くニュースが飛び込んできました。

何と、傷害容疑・暴行問題で鳥取県警が動き出したそうです。

また、噂によると「日馬富士」さんには前科があり過去に逮捕歴があるそうです。

そんな、今注目されている「日馬富士」さんについて皆さんと情報を共有したいと思います。




横綱「日馬富士」さんが暴行!なぜ?どうして?理由は?原因は、現在と今後は?

引用:https://amd.c.yimg.jp/im_sigg9kuyLSgOCD5ulc.RWtlOAw—x400-y280-q90-exp3h-pril/amd/20171114-00000525-san-000-1-view.jpg

調べによると、「日馬富士」さんに暴行問題で被害届が出されたことにより、鳥取県警が捜査や事実関係を確認しているそうです。

被害者の方は頭の骨を折る重体だったそうです。

これが故意に被害者を傷つけていたのなら立派な犯罪ですね。

また、お相撲さんの「ツッパリ」や取り組みでの衝突は一般の人では失神してしまうほどの力だそうです。

そんな体を持っているお相撲さんはいわば人間凶器と言うわけですよね。

剣道やボクシング、柔道など格闘技のプロと呼ばれる人たちは喧嘩をするだけでもライセンスはく奪など厳しい措置が取られます。

ふと思ったのですが、相撲とはスポーツなのでしょうか?格闘技なのでしょうか?

皆さんはどちらだと思いますか?

ちなみに私は格闘技だと思っています。

力士の皆さんは太っているように思えて全て筋肉の塊です。

そんな筋肉の塊が襲って来たらどうですか?

普通の人間はひとたまりもありませんよね。

人を傷つけられるということから私は格闘技だと思います。




横綱「日馬富士」さんが暴行!相手は?誰?貴ノ岩?

相撲関係者の情報によると、その事件が起こったのは10月末のことだそうです。

鳥取市で行われていた秋の巡業中にお酒の席で口論となり被害者は頭の骨を折る重症をおいました。

てっきり、その話を聞いて一般人に手を出したのかと思ったら、相手はモンゴル人力士の貴ノ岩さんだということがわかりました。

引用:http://www.chunichi.co.jp/s/article/images/2017111401001293.jpg

貴ノ岩さんは日本相撲協会に診断書を提出したそうです。

「右中頭蓋底骨折などで全治2週間」

全治2週間とは相当のケガだったのではないでしょうか。




横綱「日馬富士」さんが暴行!力士の暴力事件は過去にも?誰が?

引用:https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/11/14/20171114hpj00m050001000q/9.jpg?1

調べてみると、力士の暴力沙汰は過去にも起きているようです。

2007年の6月に時津風部屋の力士が時津風親方(元小結双津竜)からビール瓶で殴られたことで死亡しています。

引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/78/2b/9598420f6a2d285063a45eedcfb11390.jpg

この事件で元親方と兄弟子たち3名が障害致死の容疑で逮捕されています。

元親方には実刑判決が弟子3名には有罪判決が下されています。

2010年には横綱の朝青龍が知人の男性をなぐったとして現役を引退しています。

引用:https://pbs.twimg.com/media/Bj9YtAwCUAAK62k.jpg

最近でいうと2015年に宮城野部屋の熊ケ谷親方(元十両金親)が逮捕され有罪判決が下されています。

引用:https://cdn.mainichi.jp/graph/mainichi.jp/2015/09/03/20150903ddm041040148000c/image/001.jpg

熊ケ谷親方は男性マネージャーの腰やおしりを金属バットで殴打するなどしたそうです。

引用:https://daily.c.yimg.jp/general/2015/09/03/Images/f_08361350.jpg

しかし、こうしてみると力士には暴力が充満している可能性がありますね。

暴力がまかり通っている可能性があります。

横綱「日馬富士」さんが暴行!今後は?処罰は?

引用:https://i0.wp.com/sideworklabo.com/wp/wp-content/uploads/2016/01/c37eb58b1292b0240daba1cf295f5b52.jpg

気になるのが、もし暴行をしていた場合は当然日本相撲協会から処罰させられる可能性はあります。



実際に、横綱審議委員会委員長である北村正任さんはこのように話しています。

「協会による事実確認に基づいて審議することになる」

「全力士の模範となる高い品格を持つはずの横綱が暴力沙汰を起こしたのであれば、大相撲全体に対する評価にも大きく影響する。協会の厳しい処置を求めることになるだろう」

相撲界ではピラミットの頂点に君臨している横綱ですが、まさに模範とならなければならない人物ですね。

もし、本当に暴行していた場合は「横綱」と言う称号をはく奪される可能性はありますね。

しかし、改めてお酒とは本当に怖い飲み物です。

今、若い社会人のお酒離れが進んでいると言いますが、実際はトラブルも減り良かったのではないでしょうか。

私もお酒を飲むのですが、お酒を飲んでロクなことはありません。

お酒を飲んでいる皆さん!

「お酒は飲んでものまれるな!」

これをぜひ取り組んでみてください。

たまにニュースなどで報道されますが、「お酒を飲んでいて覚えていない…」

そんな理由は通用しません。

犯罪は犯罪です。

覚えてなかろうがあろうがやってしまった事実は変わりません。

また、良く「記憶なくなった」と言っている人がいますが、良く考えてください。

お酒の席と言うものはみんな陽気になったり秘密をボロッと漏らしたり宝の山だということは知っていますか?

実際、私は外では絶対に潰れません。

なぜなら、友人や知人の話を聞くために自分に言い聞かせています。

深い話をするためには、終盤まで生き残っていなければなりません。

そのためだけに私は極限まで気を張ってよっぱ割らないように耐えています。

皆さんもみなさんが秘密を暴露するのではなく、上司や後輩の秘密を握ってみてください。




スポンサーリンク