ベーシックインカムとは?何?意味は?メリットデメリットは?問題点は?現在、今後は?




ベーシックインカムとは一体何か!と言うことなのですが、まず、なぜ「ベーシックインカム」と言う名前が注目されたかというと、今回の衆議院選挙で「希望の党」が公約として掲げたものに「ベーシックインカム導入」と言うものが含まれていたからです。

しかし、「ベーシックインカム」と聞いてもピンとくる方は少ないかもしれません。

そこで今回は「ベーシックインカム」について皆さんと共有したいと思います。




ベーシックインカムとはいったい何?意味は?内容は?希望の党との関係は?

引用:http://blog-imgs-80.fc2.com/j/y/o/jyouhouwosagasu/20150708205301oiop.jpg

ベーシックインカムとは、簡単に言うと国民全員に最低限生活できるレベルのお金を支給するということです。

より簡単に説明すると、日本人すべてが生活保護を受けることができるということになります。

しかし、この制度を「今から始めます」と言って始めることはできません。

また、現在の日本は借金を背負っており余裕のある資金がありませんので、配られるお金と言うのは何らかの税金から賄われることになります。

簡単に計算すると、一人頭8万円支給されるベーシックインカムを導入すると仮定します。

仮にこのお金を消費税で賄おうとするのであるならば、50%以上の消費税が加算されることになります。

1000万円の車を購入したかった場合は、500万円の消費税が加算されて、合計で1500万円になってしまうということです。

ベーシックインカムと言うのは、個別に支給される現金ではなく国民の最低限度の生活を保障する目的があるということです。

今でも社会保障制度と言う支給制度があります。

定年退職するともらえる年金や失業した時の失業保険、何らかの問題で生活ができない人への生活保護、病気などは医療費が給付されます。

これらは特定の場合や人しか受け取ることができないため、だれでも平等に給付される制度ではありません。

ベーシックインカムは特別な場合などではなく、全ての人に等しくお金を支給する制度です。




ベーシックインカムのメリットデメリット!問題点!

メリットとして、貧困の対策が一番ではないでしょうか。

今回の希望の党が公約として発表したのも今の生活に満足していない中間層から貧困層を狙ってのことだと思います。

問題となっているのが、生活保護を受けている人がもらう支給額が最低賃金で働いている人の賃金を上回ってしまっているのが問題です。

このような、生活保護を受けるまではいかないが年収200万円以下の生活をしている「ワーキングプア」と言われる人たちは今の社会保障では救済されません。

頑張って仕事をしている人が家賃で精いっぱいと言う生活をしており、生活保護を受けている人がある程度余裕のある生活をしていることです。

ベーシックインカムは全てのこくみんが最低限度の生活が送れるだけのお金を支給するということです。

ベーシックインカムの特徴としては、世帯で支給されるのではなく、個別の支給になります。

そのため、家族が多ければ多いほど支給額が多くなるということです。

少子高齢化社会と言われている日本において導入された場合、改善する可能性は非常に高いと思います。

中には子供が欲しいが収入面で断念しているという家族もたくさんいると思いますので、そういった部分においては非常に良いと思います。

また、ある方の意見では生活コストを下げる。

いわゆる節約をして手元に残るお金を多くしようと考える人が増えると考えて、家賃が低い地方に移住する人たちが増えて過疎化が防げるのではと言う意見がありました。



労働意欲の向上ですね。

しかし、私は全く逆の意見で最低限の生活ができるようになるということは、仕事をしなくても生きていくことはできるという考えに行きつく人が出てきてもおかしくないと思います。

また、最近の若者は出世意欲や貪欲さがないと言われているそうです。

出世もしなくていい、彼女も作らなくていい、結婚もしなくていいと言った若者が増えているそうです。

それを考えると、労働意欲は逆に減少してしまうと私は思いました。

問題点は山のようにあるので、ここでは説明しきれませんが、こういったことも考えられるのではないでしょうか。

日本でカジノが解禁された場合、ギャンブル依存症に陥る人は今以上に増加すると私は思っています。

そこにベーシックインカムと言うものを導入するとそれに拍車をかけてしまう可能性があるのではないでしょうか。



ベーシックインカム過去に日本で導入されたことがある?内容は?

皆さんは日本で過去にベーシックインカムが導入されたことがあるのをご存知でしょうか。

2009年の麻生政権でそれは実施されました。

給付対象者に12000円お一回だけ支給すると言うものでした。

当然、効果は全くありませんでした。

麻生政権では、これによって資金まわりが良くなると考えていたようですが、当時の景気も良いとは言えず、多くの人が貯金に回してしまったことが敗因だと言われています。



ベーシックインカムの現在と今後!

メリットは多少ありますが、デメリットがありすぎて導入は絶対にできないと私は思います。

仮に、2009年の麻生政権時のようなことをやったとしてもそれをすぐに使うという人はまずいません。

また、毎月支給すると言うことに決定したとすると私たちの生活のどこかが削られることになるということです。

簡単に言うと、消費税が上がることや年金支払額が上がる、定年退職が伸びるなど私たちの生活のどこかに必ず影響がでます。

難しい部分ではありますが、これらに関しては「希望の党」にしっかりと説明してほしいと思います。



ベーシックインカムの実験!オランダやフィンランド、スイス?結果は?

調べてみるとベーシックインカムを実験的に導入するという国はいくつかありました。

今回はそれらを紹介したいと思います。

<ケニア>

2017年前半から実験が始まり、40の村に12年間の間月々22.5ドルを支給すると言うものです。

また、80の村には2年間の間だけ月々一定の金額を支給するという計算で最初にすべてのお金を支給します。そのほか100ほどの村では今までのように何も支給しないという比較実験を行っているそうです。

どういった基準で支給するかしないかを決めたのかはわかりませんでした。

しかし、最初の結果が出るのが2年後と言うのはだいぶ先ですね。



<フィンランド>

こちらは2年間の実験を行うと言うものです。

2000人の失業者に対して毎月600ドル(日本円でおよそ6万8千円)支給される予定です。

フィンランドではこの実験によって新たな社会保障の仕組みを構築できるかの評価、またこのように固定給が毎年支給される中で、どのように生産性が変わるのかを確認するそうです。

<オランダ>

2017年前半に実験が開始される予定となっていました。

2年間の間、250人の国民に対して月々およそ1100ドル(日本円でおよそ12万4千円)を支給する予定となっています。

こちらも単に支給するのではなく、6つのグループに分かれることになっています。

上記の国だけでなく、ウガンダやイタリア、インド、カナダ、カリフォルニア州など多くの国で実験的に検証しているようです。

実験を行っている国の多くは、いくつかの条件を設定してグループや支給期間などを変えるなど思考錯誤しているように思えます。

これらを総合的に考えると、ベーシックインカムの導入を本格的に行っている国はないということがわかります。




ベーシックインカムの追加メリット!

調べていたら追加でメリットが何個か出てきたので紹介したいと思います。

まず、残業代や給与の問題などが解消されるということです。

ベーシックインカムが導入されれば誰しも仕事をしなくても最低限度の生活水準を保つことができます。

そのため、生活できなくなるため無理に残業をしたり、待遇が良くないが辞めてしまうと生活ができないということで無理をして仕事をすることもなくなります。

自分で必要なだけ労働をすればよいので、おのずと残業や給与と言った問題がなくなるというわけです。

また、話題となっているブラック企業と呼ばれる会社はなくなる可能性があります。

なぜなら、会社に採用する権利があるのではなく労働者側が選択することができるため、過剰な残業や賃金未払いと言う会社には働き手が来なくなってしまうからです。

私が一番良いと思ったことは、勉強などこれまで出来なかったことにも時間を使うことができるようになるということです。

良く、幼少期は注目されており将来を期待されていたが、両親の借金などの影響で夢を断念した。

主婦の方で資格などを取り、より条件の良い仕事をしたくても子育てで時間やお金がたまらず断念している。

理由は様々ですが、何かをしたくても生活するためにバイト三昧で結局できないという問題が解消されて、有能な人材が夢をあきらめずにその道を進める。

それが将来日本のためになる可能性もあります。

仕事をしなくなるなどのデメリットはかなり多いですが、見方を変えるととても素晴らしい制度かもしれません。




関連記事

ユリノミクスが掲げる12の公約とは?3本柱!9本柱!12のゼロ!何?内容は?希望の党の経済政策?解説!

「希望の党」で再出発!若狭・細野議員らついに新党の名前決定!党首候補の小池百合子氏との関係は?政策は?なぜ?理由?自民?民進?メリットデメリットは?ネットでの反応は?

衆議院解散で解散総選挙!いつ?年内の2017に?2018年に?解散とは?なぜ?解散時の万歳とは?過去にフライング?タイミングは?時期や為替・株価への影響や理由は?メリットとデメリットとは?

自民党が年内解散を求めているとは?安倍首相の真意は?なぜ・理由?いつ?メリット・デメリットは?解散前の議席数とは?為替への影響は?今後はどうなる?

立憲民主党とは?日本の民進党から離党し、枝野氏率いるリベラル派の政党?何?意味は?理由は?世論調査では?社会革命党とは?天声人語とは?

民進党の事実上解党・分党?希望の党への合流を前原代表決める?なぜ?理由は?原因は?離党者は?支持率は?今後は?

スポンサーリンク