ETC2.0道の駅で途中下車実験!ETC2.0とは?どこが対象?目的は?なぜ?なに?割引率は?助成金は?乗り放題?!バイクでは?今後は?




皆さんは車で遠出することはありますか?

私は旅行が好きなので良く車で遠出することがあります。

そして、遠出するときには必ずと言っていいほど使用する高速道路では、近年ETCが普及しています。

最近ではETCを搭載していない車のほうが少ないですよね。

ちなみに私が普段使用している車にはETCがついていないので非常に不便に感じます。

そのため、遠出をするときはもう一つETCがついている車を使うのですが、現在注目されているETC2.0を皆さんはご存知でしょうか?

また、また2016年から計画されていたETC2.0を対象とした実験のことをご存知でしょうか?

簡単に実験について紹介すると、皆さんはパーキングエリアが近場になくてトイレなどに困ったことはありませんか?

それを改善するために、高速道路に面した道の駅を対象に一度降りて再度高速道路を利用しても高速道路を降りていないことになってその分、安く高速道路を利用することができるようになっているところがあります。

車で旅行することが多い方にはとても朗報かもしれませんね。

私も経験があり、急にトイレを催して近くにパーキングがなくて大変だった経験があります。

まだ、実験段階ですが利用者が増えればその制度も拡大するのではないでしょうか。

それでは、このETC2.0を搭載している車の途中下車について色々と調べてみたいと思います。



ETC2.0を搭載した車の高速道路使用者の道の駅への途中下車実験とは?なに?どうして?理由は?

引用:http://etc.yuukachan.com/img/29.jpg

まず、この実験はETC2.0を搭載している車のみ対象となっています。

そのため、その他のETCでは対象にはならないので注意しなければなりません。

しかし、調べてみるとこの「ETC2.0」を搭載している車は、ETCを搭載している全車の約1割ほどしか普及していないようです。

1割しか搭載されていないのにこれだけ大規模な実験を行って本当に成果が出るのか私はそこに疑問がありましたが、今はそのことには触れないで起きます。

実際に国土交通省が実験の概要を発表しています。

我が国の高速道路においては、休憩施設同士の間隔が概ね25km以上離れている空白区間が約100区間存在しています。


高速道路ネットワークを賢く使う取組の一環として、休憩施設の不足に対応し、良好な運転環境を実現するため、全国3箇所の道の駅において、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」の試行を行うこととしました。


今後、空白区間を半減することを目指し、実施状況を踏まえて、追加選定を行う予定です。

引用:http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000803.html

<実験内容>

ETC2.0搭載車を対象に、高速道路を降りて道の駅に立ち寄り後、一定の時間内に再進入した場合には、 降りずに利用した料金のままとする

(ターミナルチャージ※1の再徴収をせず、長距離逓減※2等も継続)

※1 利用1回当たりの料金
※2 一定距離以上を連続して利用した場合の料金割引措置

引用:http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000803.html




<実験実施箇所>

道の駅たまむら宿じゅく(群馬県佐波さわ郡)

道の駅もっくるしんしろ(愛知県新城市)
道の駅ソレーネしゅうなん(山口県周南市)

引用:http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000803.html

皆さんも地方に旅行に行った時に、高速道路の休憩所がなかなか無くて、特に子供連れの方などは苦労した経験はありませんか?

また、サービスエリアがあったとしてもトイレ休憩のみの簡易的なパーキングと言うこともしばしばあったと思います。

私は、ガソリンメーターを見忘れていて冷や汗をかいたことが数回あります。

一度高速を降りればどこにでもあるガソリンスタンドでも高速道路には頻繁に給油できるサービスエリアもなく、また非常に高いということが不満でした。

高速を降りるとそこで高速道路料金がリセットされてしまうため、いったん高速に乗ってしまったら目的地まで乗り続けるしかなかったのがこれまでの現状でした。

なぜ、今になって国が動き出したのかわかりませんが、私の予想では、より高速道路を利用しやすくすることで利用者を増加させる狙いや国民から提案があったのか、色々な推測ができます。

しかし、もしこの実験が成功して現在は3か所しか行われていない実験が拡大されるのであれば高速道路を利用する方などはとても便利になるかもしれません。

また、道の駅としても休憩所として利用する観光客の増加で収益増が見込めるので運転者にとっても道の駅側にとってもとても良いことかもしれません。



これらをまとめると、この実験の最終的な目的は以下のことになるのではないでしょうか。

・道の駅の利用者増加に伴う地域の活性化!

・ドライバーの運転にともなう疲労回復!

・サービスエリアが整備されていない区間での休憩所としての利用

新たに休憩所を整備するよりも道の駅などを利用することで税金のコスト面としても優しいと考えられますね。



ETC2.0くんとは?Wikiでは?ITSスポットとは?DSRC通信とは?

引用:https://image.rakuten.co.jp/creer/cabinet/pioneer/imgrc0065578750.jpg

引用:http://www.mlit.go.jp/road/ITS/j-html/spot_dsrc/images/img002.gif

ETC2.0と上記でも紹介していますが、2.0とはいったい何なのでしょうか!

普通のETCといったい何が違うのでしょうか。

ETC2.0の概要は子のようになっています。

「ETC2.0」とは、いままでのETCの高速道路利用料金収受だけではなく、渋滞回避や安全運転支援といった、ドライバーに有益な情報を提供するサービスです。 さらに今後、街中での駐車場料金支払いや車両の入庫の管理などにETCの多目的利用が推進されています。
将来的には、まだまだ工夫することで新しいサービス展開の可能性があります。

引用:https://www.go-etc.jp/etc2/etc2/

これまでは、高速道路の料金収受だけだったものを新しくサービスを拡大するための進化した端末だと思ってくれれば良いのではないでしょうか。

駐車料金支払いなどの様々な機能が実装されたらいちいち駐車料金を支払う手間もなくなり、より自動車を運転しやすくなりますね。

引用:https://www.go-etc.jp/etc2/etc2/

このETC2.0はカーナビやスマホと接続することが可能で、高速道路に設置されているITSスポットという箇所から自動的に車にサービスや情報が送信されます。

それによって渋滞情報など様々なサービスを受けることができる最新のETCシステムと言えます。

既に、全国の高速道路の約1600箇所にこのITSスポットが設置されており、通信費用も無料と言うことで今後普及が見込まれているものの一つではないでしょうか。

ITSスポットの通信に使用されているDSRC通信と言うものについて少し紹介しておきます。

ITSスポット通信に使用されているDSRC(Dedicated Short Range Communication:スポット通信)とは、高度道路交通システム(ITS)で採用されている、狭い範囲での双方向通信を目的とした電波ビーコン(5.8GHz帯)による通信方式のことです。DSRC通信はETCの高速道路利用料金収受サービスにも採用されています。ITSスポットでのETC2.0サービスにおける通信では、高速で大容量の情報を送受信することが可能となっています。また利用者の安全性確保として高度なセキュリティが挿入されています。

従来のVICSビーコン(電波ビーコン)と比べてITSスポットは格段に多い情報量のデータが提供されます。このため、従来のVICSビーコン(電波ビーコン)で提供されていた道路交通情報の範囲(道路延長で最大約200km)を超え、格段に広範囲(道路延長で最大約1000km)の情報が提供されます。加えて、安全運転支援情報(前方の危険な状況や画像情報など)も提供されます。(同じ車載器で、ETCも利用できます。)

引用:https://www.go-etc.jp/etc2/etc2/




簡単に言うと従来の通信システムに比べて広範囲にまた大容量の情報を送受信することが可能と言うことですね。

そのため、これまでにはできなかったサービスなどを提供できるようになったということです。

なぜ、途中下車ができる対象車がETC2.0を搭載している車に限っているのかと言うことがようやくわかった気がします。

引用:https://www.go-etc.jp/etc2/etc2/

しかし、全体の約1割しか普及していないということですので、今後は良質なサービスなどを提供することで他のETCとの差を示していかなければ全体に普及させることは難しいと私は思います。

今後、このETC2.0は国が普及に取り組んでいく方向性のようですので、私の予想としてはETC2.0を搭載している車のみ対象としてサービスや割引をするといったものが増えていく可能性は十分あり得ると思います。

しかし、様々な機能が増えることで車載器の価格はかなり上がると思われます。

また、車載器単体では使えない製品もあるようですので、しっかりと調べてから購入取り付けをすることをお勧めします。



ETC2.0を搭載するメリットとは?

引用:https://clicccar.com/wp-content/uploads/2014/12/ETC_00.jpg

ETC2.0に限らず、ETCを搭載するメリットとは車が料金所で一時停止することなく通過できるということでしょうか。

止まらなくて済むため、渋滞の緩和やストレスの緩和につながっているのではないでしょうか。

また、ETCを搭載することで割引が適用されるのは私たちにとってはメリットですね。

しかし、すべての車がもしETCを搭載したとしても高速道路の渋滞は緩和できないと私は思っています。

なぜなら、周りを見ることのできない人たちがいるからです。

まず、高速道路でブレーキを踏むリスクをどれだけの人が把握しているかです。

仮に一番先頭を走っている車がブレーキを踏むと、その後ろの車はそのブレーキよりも早くブレーキを踏みます。それが連鎖することによって後ろのほうで車が止まってしまう状態になります。

引用:http://newswitch.jp/img/upload/phpwcnqRO_572c457cc2b0f.jpg

これは車の速度が遅くなることでも同じ現象が起きます。

現に、ゴールデンウィークなどで車の台数が多くなる時に高速道路のほぼ決まった区間で渋滞が起きます。

なぜ、決まった区間で渋滞が起こるかと言うと、その区間は上り坂や下り坂が多くある区間だということがわかりました。

簡単に言うと、上り坂に差し掛かった時は少しアクセルを強く踏まなければ今までと同じ速度で走行できないということです。

それをわかっていない運転手は速度が下がっているのにも関わらず変わらない強さでアクセルを踏んでいます。

当然、その後ろの車も同じ動作を行いますから徐々に速度が下がっていき数キロ先で車が止まる渋滞が起こってしまうということです。

また、ゴールデンウィークなどは普段車を運転しない家族連れなどが多くいることでそういった基本的なことがわからずに走行していることが渋滞につながっているので、ETCがあるないに関わらずこういった基本的なことを実行させない限り永遠に渋滞緩和は不可能だと私は思います。



ETC2.0と普通のETCの違いとは?メリットやデメリットは?

何が違うのかと言うと上記でほとんど喋ってしまったかもしれませんが、まとめておきたいと思います。

高速道路の料金所でETC搭載車が料金を支払うとき、車に載せた「車載器」と料金所にある「アンテナ」が無線通信を行い、利用者の情報や料金の決済情報をやり取りしています。ETC2.0はこの無線通信を高速・大容量化し、情報を送受信するスポット(ITSスポット)を道路上に配置。これにより、ドライバーをサポートする様々な情報を車に送信しようと考えられているのです。

引用:yahooニュース

簡単に言いますと、これまでは料金情報などの少ない情報量しか処理できなかったが、今回のETC2.0では大容量の情報を処理することができ、料金だけでなく交通情報などの多彩なサービスを追加することができるということです。

これによって、運転手はこれまで以上に快適なドライブを楽しむことができるというわけですね。

国が取り組んでいるものですので、今後も様々なサービスが展開されると予想出来ます。

私的にはとても楽しみですね。

現在行われている割引や今後行われる予定の割引を少し紹介します。

まず、現在は圏央道の料金がETC割引料金のさらに2割引で乗ることができます。

圏央道を常時利用する人たちにとっては非常にお得ですね。

今後、渋滞緩和に貢献した場合は割引を実施する予定のようです。

簡単に言うと、渋滞を避けたルートを走行した場合、有料道路の割引が適用されるというサービスです。

具体的には、ある高速で事故渋滞がありそれを避けるために遠回りではあるが別の高速を利用した場合などに適用されるそうです。




ETC2.0搭載車のみ途中下車できる道の駅はどこ?拡大?場所は?

引用:https://clicccar.com/wp-content/uploads/2017/07/MLIT_03-20170717213116.jpg

すでに、全国の高速道路の3か所でこの途中下車が実行されていますが、今後さらに増えることになりました。

そこで、今回は追加される場所を以下に記載しておきます。

最近ではサービスエリアを目的地にする旅行者もいますが、次は道の駅を第二の目的地として立ち寄る旅行プランが増えるかもしれませんね。

・途中下車実験の場所:道の駅の名前

・宮崎県えびの市:えびの

・長崎県東彼杵町:彼杵の荘

・愛媛県四国中央市:霧の森

・島根県吉賀町:むいかいち温泉

・広島県安芸太田町:来夢とごうち

・広島県北広島町:舞ロードIC千代田

・鳥取県江府町:奥大山

・兵庫県丹波市:丹波おばあちゃんの里

・滋賀県栗東市:アグリの郷栗東

・福井県小浜市:若狭おばま

・新潟県糸魚川市:親不知ピアパーク

・山梨県南アルプス市:しらね

・千葉県鋸南町:保田小学校

・茨城県五霞町:ごか

・福島県猪苗代町:猪苗代

・宮城県村田町:村田

・岩手県九戸村:おりつめ

・山口県周南市:ソレーネ周南

・愛知県新城市:もっくる新城

・群馬県玉村町:玉村宿



現在は、途中下車して1時間以内に降りたところから再度乗らなければ料金がリセットしてしまいます。

一部の道の駅では、宿泊施設や温泉施設もあることから1時間では不十分だという意見もあります。

私もゴールデンウィークなどの混雑する場合、食事も道の駅で取りたいと考えた時に混雑の待ち時間などを考慮すると1時間では間に合わない可能性もあると私は思います。

途中下車の時間は検討が必要になると思いますが、このようなサービスはぜひ増やしてほしいと思います。

近年、若者の自動車離れが進んでいる中で少しでも自動車の快適さをアピール出来るサービスなどを増やして若者の自動車離れに終止符を打ってほしいです。

ETCとは全く関係がないのですが、ネット上で通勤を電車から車に変えたという方の投稿がありました。

その方は、車に変えたことで全てにおいて得をしたと話しています。

・通勤に1時間半かかっていたところが1時間に短縮できた。

・雨の日でも関係ない

・他人のことを考えなくてよくなった

・ストレスがなくなった

思わぬ渋滞などはありますが、基本的にはメリットのほうが大きいと私は思います。

車に乗っていない人は是非、車の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

一部にはお金がもったいない!電車のほうが安い!という人もいると思います。

勿論、お金で考えるとそうかもしれません。

しかし、このように考えてみると良いかもしれません。

私たちに与えられた中で唯一平等なものとはなんでしょうか?

それは、お金でも食べ物でもありません「時間」です。

時間だけが私たちに与えられた中で平等に神様からもらったものですので有効に使わなければなりません。

なので、徒歩よりも電車移動のほうが良いですし、電車よりも車移動のほうが良いです。

車よりも新幹線、新幹線よりも飛行機と時間的効率を考えたほうが私は良いのでは?と最近思うようになりました。

考え方は人それぞれですが、もし私のように「時間」と言うものをしっかりと考えようと思った方はぜひ移動手段を見直してみてはいかがでしょうか。

実際にサラリーマンの人などでも取引先までタクシーで移動する方や会社までタクシーで行くという人もいるようですね。



ETC2.0の割引率は?バイクでは?関西や九州、圏央道は?トラックでは?コーポレートカードとは?今後!割引サービス一覧

引用:http://pioneer.jp/carrozzeria/system_up/etc/etc-service2/common/img/img08.jpg

この割引は時期などにもよると思いますが、2017年10月現在の情報を記載しておきます。

現在対象となっているのは以下の高速道路です。

・圏央道(芽ヶ崎JCT~海老名JCT、海老名~木更津JCT)

・新湘南バイパス(藤沢~芽ヶ崎JCT)

現在はこの区間の割引ですが、今後普及が進んで来ればさらに割引範囲は拡大すると思います。

また。ETCの割引は休日割引や深夜割引など様々な割引があります。

アクアラインを利用する予定の人は絶対にETCを利用することをお勧めします。

簡単に言うと軽自動車の場合はETCを搭載していない場合の片道料金で2往復できます。

このようにETCにすることでたくさんの割引サービスを受けることが可能であり、今後はETC2.0を搭載している車両のみの限定サービスも行うはずですので、新車を購入する予定の人やETCを買い替えるという人は是非ETC2.0を検討してみると良いのではないでしょうか。

ETC割引一覧

また、トラックなど業者で頻繁に高速道路を利用する場合は大口・他頻繁割引を使用することをお勧めします。

これにはNEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本が定めている要件を満たした方のみETCコーポレートカードと言うものを利用することができます。

以前から、長距離トラックなどを運用する業者は高速道路を毎回利用しており、交通費だけで高額な料金を払っているので赤字になるのでは?と疑問を持ったことがありました。

なのでETCコーポレートカードというものを聞いて納得しました。

多くの業者はこの制度を利用して運賃を削減しているようですね。

ETCコーポレートカード概要(大口・多頻度割引)

割引率も使用した料金によって異なりますが、20%~40%ほど割引がかかってくるようです。

エリアや時間、場所などによっても割引率が違ってきますので、遠出をする際は事前に調べていくほうがお得かもしれません。

旅行などではアーリーチェックインを利用して、深夜に出発して早朝に目的地に到着するのも良いかもしれません。

また、ほとんどのホテルでは部屋には入れなくても荷物は預かってくれるなどのサービスを行っているところもあります。

是非、そういったサービスを利用して交通費を安くして他にお金を使ってみてはどうですか?



ETC2.0のバイクでのメリットとデメリット!助成金は?価格は?ナビ、割引は?乗り放題?

引用:http://www.go-etc.jp/deal/freepass/img/yamanashi_drive1706.jpg

バイクでもETC2.0を搭載していれば車と同じサービスを受けることが可能です。

これは私個人の意見ですが、バイクを乗っている人が料金を払っているのって少しかっこ悪いイメージがあります。

また、車とは違ってバイクではいちいちポケットから財布を出してお金を払うなどとても手間がかかります。

そう考えると、バイクにはETCを絶対につけるべきかもしれませんね。

個人的に付けてほしいです。

また、ETC2.0を搭載すると期限付きですが、助成金を受け取ることができます。

安く取り付けることができるということですね。

条件は新規で購入、セットアップや取り付けを行いアンケートに協力した方のみとなっています。

しかし、現在までに取り付け率が全体の1割程しかいないということから助成金は延長になるか改めて助成金制度が出てくると私は予想しています。

現状ETCを搭載していないのであれば、ETC2.0に切り替えることをお勧めします。

なぜなら、国が旧ETCのメンテナンスは終了して全てをETC2.0にすると発表しているからです。

しかし、すでにETCを搭載している人たちは今のところ変える必要はないと私は思います。

サービス拡大と言ってもとうぶん先の話ですし、ETC2.0のみの料金割引も限定的ですので、そこを頻繁に使用しないようなら変える必要はありません。

国が本格的に動き出してメリットのあるサービスが導入されるのであればその時に変えるのが良いかもしれません。

ナビやスマートファンと対応することができると言ってもバイクでナビを搭載している人は少ないと思いますし、スマートファンでも他に良いアプリがたくさんありますので今のところは間に合っているという感じですね。

今後のサービスに期待して根気よく待ちたいと思います。



ETC2.0、旧ETC搭載の方必見!高速道路割引や乗り放題プラン?!

引用:https://response.jp/imgs/p/6rsBd_oirlqf6QWSZYQUpU1M_0HEJ0NERUZH/1125991.jpg

ETCを搭載している方は割引があることは皆さん知っていると思います。

しかし、乗り放題プランがあることを知っている人はどれだけいるでしょうか。

私もこの話を知ったときは飛び跳ねました。

高速道路が乗り放題になるなんてすばらしいことです。

私も良く旅行に行くのですが、帰りにどこかよって帰ることも良くあります。

例えば、冬は毎年スノボーに行くのですが、帰りに軽井沢によって遊んだりショッピングをしたりすることがあります。

その場合は一旦高速を降りて、また乗るため利用料金がリセットされてしまいます。

もし乗り放題なら何回でも高速を乗り降りできるので好きなところで降りて、好きなところで乗ることができますので、料金を考えなくて済みますね。

しかし、乗り放題は条件があるため全ての区間で使用することはできません。

しかし、条件があえばとてもお得に高速道路を利用することができますので旅行の前に是非一度確認してみてください。

場合によって、通常の割引のほうが安い場合もありますので、事前にルートや料金を確認しておくと良いです。

高速道路ルート・料金確認

また、乗り放題に関しては申し込みが必要であり、ETCがついていない車は利用できないので注意しておいてください。

申し込み期日や時期などによってもプランが違いますのでしっかりとサイトの内容を見て、わからないようなら直接電話で聞くのもよいと思います。

以下に乗り放題プランが記載されているサイトを紹介します。



NEXCO東日本 高速道路乗り放題プラン 一覧

NEXCO中日本 高速道路乗り放題プラン 一覧

NEXCO西日本 高速道路乗り放題プラン 一覧

阪神高速 乗り放題プラン 一覧

中身を見てみるとプランと言ってもたくさんの種類がありました。

観光地までの往復料金と入場料や入園料などがセットとなったお得なプランや県内の指定エリアが乗り放題でサービスエリアなどの優待がついているプランなど様々です。

ぜひ利用してお得に旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか!

私のお勧めはNEXCO東日本が出している北海道フリーパスですね。

以前、北海道に旅行に行った際に電車で移動していたのですが、土地が広大なため時間もかかりお金もかかりました。

函館のみ観光するなど決まっているなら利用しなくても良いかもしれませんが、色々なところを見て回りたいという人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか!

次に北海道へ行く機会があったら私は絶対に利用したいと思っています。




ETC2.0の助成金は?新車、バイク、首都圏、近畿、九州、福岡、延長、条件とは?

引用:http://etccard-tsukurikata.com

今回の「途中下車」実験は国土交通省が主体として動いているもので、それに対応するETC2.0を搭載する車には助成金が支給されています。

しかし、搭載車は全体の1割ほどにとどまっていることから助成金制度の延長は絶対におこなわれると思われます。

また、県によって色々なキャンペーンを行っているようですので、ぜひ購入予定の方はチェックしてみてください。

ちなみにこの助成金キャンペーンは一度終了しており、2017年度に延長して助成金キャンペーンを実施しています。

普及率が非常に低いためこれは今後も継続して行われると私は予想しています。

現在は首都圏ETCキャンペーンと近畿圏ETCキャンペーンと言うものがNEXCO西・中・東日本で開催されています。

そこで、通常価格と助成金キャンペーン価格を比較してみたいと思います。

この金額はあくまで最安値での金額ですので、車載器によって料金は変動します。

<通常価格でETC2.0を設置した料金>

・工事費:3000円

・セットアップ:3000円

・ETC2.0車載器本体:15000円

・合計:21000円

<助成金キャンペーン利用時のETC2.0を設置した料金>

・工事費:3000円

・セットアップ:3000円

・ETC2.0車載器本体:15000円

・助成金(補助金):-10000円

・合計:11000円

1万円は非常に魅力的ですが、しっかりと考えてから設置することを私はおすすめしています。

なぜなら、通常のETC割引の他にETC2.0を搭載している車種はさらに割引が適用される区間はあるもののそれも一部でサービス拡大と言っても何年かかるかわからないのが現状です。

搭載したは良いものの良質なサービスが開始する前に車が壊れてしまっては元も子もないですよね。

新車に買い替えるや現在使っているETCを新しく買い替えるというのであればもちろんETC2.0にかえるのをお勧めしますが、現状に不満が内容ならすぐに変える必要はないと思います。



ETC2.0のキャンペーン!2017年度は?首都圏、九州、バイクでは?オートバックス

一応キャンペーンの内容は紹介しますが、このキャンペーン期間もあてにはならないと私は思っていますので、参考までに見ておきましょう。

引用:http://etccard-tsukurikata.com

対象:茨城、千葉、埼玉、神奈川、東京

助成金:10000円

期間:~2017年9月30日

取り扱い店舗情報:

申し込み方法:首都圏ETCキャンペーン

問い合わせ:首都圏ETCキャンペーン事務局

TEL:03-6262-5235



引用:http://etccard-tsukurikata.com

対象:和歌山、奈良、滋賀、京都、兵庫、大阪

助成金:10000円

期間:~2017年12月27日

取り扱い店舗情報:取り扱い一覧(和歌山、奈良、滋賀、京都)取り扱い一覧(兵庫)取り扱い一覧(大阪)

申し込み方法:近畿圏ETCキャンペーン

問い合わせ:近畿圏ETCキャンペーン事務局

TEL:06-6448-1175

なぜ、首都圏と近畿圏でキャンペーンを実施しているのかと疑問に思いました。

また、キャンペーンの内容は全く同じようで少し違いがあります。

首都圏:キャンペーンで初めてETC車載器を導入する方であること。(ETC車載器が既に搭載されている車からの買い替えは対象外)

近畿圏:ETC2.0車載器を初めて購入・セットアップ・取付けされる方

これを簡単に表すとこのようになります。

首都圏:中古車を購入した際に、既にETC車載器が設置されており、それを取り外したうえで取扱店でETC2.0の車載器を購入設置した場合は「助成金対象外」

近畿圏:上記の内容が近畿圏では「助成金対象」

なぜこのような内容の違いがうまれたのかは今のところ情報が出てこなかったので、もし中古車を購入する方はETCがついているのかはしっかりと確認しておきましょう。



ETC2.0の車載器とは?車載器購入助成取扱店とは?バイクは?オートバックス?キャンペーンの見分け方や比較!

ETCシステムは、ETC車載器にETCカードを挿入することで利用できるようになります。ETC車載器は、適正な通行料金をお支払いいただくための車両情報を料金所のアンテナと無線通信する機能を受け持ち、支払い(精算)機能は備えていませんので、必ずETCカードの挿入が必要です。なおETC車載器は自動車メーカー各社のほか、自動車部品メーカー、カー用品メーカーや家電メーカー各社などから発売されています。

引用:http://www.go-etc.jp/detail/obe/index.html

また、ETC車載器には3つのタイプがありますので簡単に紹介しておきます。

<2ピースタイプ>

ETC情報の処理機能部およびETCカード挿入部などの本体とアンテナを1筐体のなかに収めたタイプで、ダッシュボード上の無線通信の支障とならない場所に取り付けます。ETC車載器とETCカードの2つで構成されるため、2ピースタイプと呼びます。

引用:http://www.go-etc.jp/detail/obe/index.html

<3ピースタイプ>

本体からアンテナを分離したタイプです。ダッシュボード上には小型のアンテナだけを取り付け、本体はETCカードの着脱に支障がなければ、車内のどこへでも自由に設置することができます。ETC車載器本体、アンテナ、ETCカードの3つで構成されるため、3ピースタイプと呼びます。

引用:http://www.go-etc.jp/detail/obe/index.html

<ビルトインタイプ>

クルマのインテリアとデザインを一体化したタイプで、自動車メーカーから発売されています。アンテナがルームミラーに組み込まれているものや、本体をセンターパネルに設置するものなど、メーカーによってさまざまなタイプが用意されています。なおビルトインタイプにも、2ピースタイプと3ピースタイプがあります。

引用:http://www.go-etc.jp/detail/obe/index.html

ETC車載器と言っても種類が色々とあり、車載器事態もピンキリで種類があるようです。

わからない時は、しっかりと店員さんに尋ねたほうが良いですね。

そんなに安い買い物ではありませんので、慎重に考えて購入することをお勧めします。

また、キャンペーンの補助金は10000円ですが、店舗などによって他の割引や特典を付与しているところがあります。

例えばある取り扱い店舗ではさらに安くETC車載器を購入出来たり、割引やポイント付与など店舗によって様々な取り組みを行っています。

そのため、一つの取り扱い店舗で決めるのではなく、ネットなどを駆使して比較して一番条件の良い取扱店で商品を購入するのが良いと思います。

キャンペーンでは5万台とありますが、そこまで急がなくても良いと思います。

もちろん、バイクもキャンペーン適応内ですので検討している人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

購入を検討しているのであれば、ゆっくりと取扱店を見極めて購入を決めてください。




ETC2.0でカーナビ連動?価格は?パイオニア?スマホと連動?アプリ?一部紹介!

<メーカー:パイオニア>

引用:http://pioneer.jp/carrozzeria/system_up/navi/nd-dsrc3/

<メーカー:三菱>

引用:http://www.mitsubishielectric.co.jp/carele/etc/product/ep-e216sb.html

最近では多くのメーカーでETC車載器を扱っています。

また、薄くコンパクトになっておりどこにでも設置することができるのが魅力的ですね。

ETC2.0には従来のETCにはなかった大容量のサービスや情報が送受信できる機能があります。

そのため、それを反映できるカーナビがあることでさらに使いやすくなるのではないでしょうか。

そこで、ETC2.0に対応しているカーナビを紹介します。




<メーカー:三菱電機>

引用:http://www.mitsubishielectric.co.jp/carele/carnavi/nr-mz200/index.html

スピードやデザイン、質などすべてに置いて他のメーカーの一歩先を言っているかもしれません。

また、スタイリッシュですのでどの車にも合うカーナビではないでしょうか。

最近ではスマホに対応するETC2.0車載器も登場しています。




<メーカー:デンソー>

引用:https://www.denso.co.jp/ja/products/aftermarket/info/dsrc/lineup2012/diua050.html

簡単に説明すると、高速道路のITSスポットというところから情報などが配信されて、それをカーナビだけでなくBluetoothを通じてスマホにも転送できると言うものです。

最近では、カーナビを設置せずに携帯をカーナビ代わりに使用している方も良く見かけます。

そういった方には非常に便利かもしれませんね。

今後、様々なサービスがETC2.0で展開されるということですので、スマホで管理できるというのは現在社会にとっては良いことかもしれません。

既に中国では携帯一つですべてのことができるようになりつつあるそうです。

簡単に言うと、財布もカードも家の鍵すら持たなくてよくなってきているようです。

全てをスマホ一つで完結できる社会はとても便利ですが逆に少し怖いですね。

アメリカでは身体にマイクロチップを埋め込み、会社内での認証や決済などを行う実験も行われているそうです。

将来的には、何も持たなくてすむ暮らしがやってくるのでしょうか。



ETC2.0の使い方をおさらい!手順

私もたまに高速道路を使うのですが、ETCの料金所のバーに激突している車を良く見かけます。

こういったことが起こらないためにしっかりとETC2.0の使い方をマスターしておきましょう。

<ETC2.0車載器を用意>

まず、ETCの車載器を車に設置しなければ高速道路のETCを通過することは出来ません。

基本的に自動車屋に行けばETC2.0車載器も購入できますし、工事費を支払えばセットアップに取り付けもやってもらえます。

ネットで購入して自分でつけるのであれば取り扱い説明書をしっかりとよんで間違えないように注意しましょう。

<ETCカードを用意>

車載器を設置したからと言って、ホッとしてはいけません。

車載器にはカードを差し込む部分があります。

ETCカードと言う専用の支払いカードを作らなければ、せっかくETC車載器を付けたとしても利用することは出来ません。

ETCカードはいろんなメーカーが出していますので自分の好みで作成してください。

最近ではクレジットカードと併用できるものなど様々なものが出ています。

<ETC2.0に対応するカーナビ、スマホかを確認>

せっかく最新のETC2.0を搭載するのでカーナビと連携できるのか、またスマホと連携できるのか確認しておきましょう。

設置前に事前に確認しておくのも良いかもしれません。

連携できるのであればしておくことで、渋滞情報や様々なサービスを受けることができます。

<いざ高速道路へ>

ETC2.0車載器を設置して、ETCカードを車載器にセットすれば準備完了です。

その場合は、しっかりとETCカードの有効期限を確認しておきましょう。

多くの場合、ETCの有効期限が切れているのを忘れてバーに突っ込んでしまうという事故が多発しています。

ETCカードを常に車の車載器に刺しっぱなしと言うのも危険ですね。

車専用に作ったのであれば、高速道路を降りた際に必ずETCカードを抜いておく癖を付けておくと事故を起こす可能性は低くなります。

ETC2.0の今後、まとめ

ETC2.0のサービスなどは始まったばかりで、まだまだ発展途上のものです。

しかし、もしサービスが拡大して様々な用途で使用できるようになったらとても便利になることは確実です。

例えば、駐車場の料金支払いやドライブスルーの料金支払いなど現在は高速道路のみですが、今後民間でのサービスも拡大してくるかもしれません。

そうなると、途端にETC2.0が便利に感じるかもしれませんね。

現在のところ、従来のETCで不便はないという人が大半でETC2.0に切り替える人や購入する人は少ないですが、国が進めている計画ですので今後絶対にETC2.0が普及します。

そのため、キャンペーンで助成金がもらえる今に車載器を新しく導入するのも良いかもしれませんね。



関連記事

高速道路最高速度引き上げ検討ついに!それに伴い、80kmからいくつに?軽自動車やバイクは?疑問を解決!

高齢ドライバーの事故が急増中!事故率、また事故防止のためにはどうしたらよいのか!

クルマのハンドルも持ち方の「10時10分」は古い?日本と海外の違いは?

空飛ぶ車トヨタが支援!日本の東京オリンピックに向け開発加速!値段や免許、事故は?トヨタが特許取得?今後の未来は?

高齢化が進んでいる中、高齢ドライバーの事故が急速に増加!若葉マークはわかるけど、高齢者マークって?海外でも事故が多発しているが英語では何と言うの?高齢者の特徴や免許更新、高齢者の迷惑行為、また事故の原因や事故件数など基本的な問題点を読み解く!

経済発展が著しい魅力的な都道府県、輝かしいランキングはいかに!

スポンサーリンク