上野の赤ちゃんパンダの名前ついに決定!募集から決定まで!候補一覧を発表!決定した赤ちゃんの名前は「シャンシャン(香香)」!安住氏の予想は的中?一般公開は2017年?いつ?予定!時期は?

待ちに待ったこの日がやってきました。

上野動物園で生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんの名前がついに決定しました。

名前は「シャンシャン(香香)」

「シャンシャン」は2017年6月12日に上野動物園のシンシン(12)から生まれ、生後100日で子供の成長が安定してきたころに名前を公募していました。

全国から集められた公募から日本パンダ保護協会名誉会長の黒柳徹子氏など6人が務めている選考委員会で名前が決定しました。

上野動物園のパンダの名前選考委員会の記者会見の模様もいちよう紹介しておきたいと思います。

また、小池東京都知事も記者会見を開きパンダの名前について触れています。

しかし、無事に成長している赤ちゃんパンダを見るとなんだかホットしますね。

名前も無事に決定して、次はいつ一般に公開されるかとても楽しみです。



上野動物園の赤ちゃんパンダ誕生!名前や歴代のパンダたちの名前一覧!

引用:http://www.ueno-panda.jp/com/upload/2017_09_20_img1.jpg

無事に上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃんの名前が決定しましたが、上野動物園ではこれまでどれだけのジャイアントパンダがいたのか皆さんは知っていますでしょうか?

ちなみに、今回名前が決定した赤ちゃんの性別は「メス」です。

それでは、これまでに上野動物園で私たちを癒してくれたジャイアントパンダたちを紹介していきたいと思います。

引用:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b6-4b/sw21akira/folder/1518665/08/53733508/img_2?1352066390

・カンカン(康康)

性別:オス

誕生日:1970年11月(推定)

来園:1972年10月28日

死亡:1980年6月30日

・ランラン(蘭蘭)

性別:メス

誕生日:1968年11月(推定)

来園:1972年10月28日

死亡:1979年9月4日

・ホァンホァン(歓歓)

引用:https://i.ytimg.com/vi/V5eqfWZTMlw/hqdefault.jpg

性別:メス

誕生日:1972年(推定)

来園:1980年1月29日

死亡:1997年9月21日

・フェイフェイ(飛飛)

引用:https://i.ytimg.com/vi/nBSZ1QkU3xc/hqdefault.jpg

性別:オス

誕生日:1967年(推定)

来園:1982年11月9日

死亡:1994年12月14日

・チュチュ(初初)

引用:https://response.jp/imgs/p/6rsBd_oirlqf6QWSZYQUpU1M_0HEJ0NERUZH/315356.jpg

性別:オス

誕生日:1985年6月27日

来園:上野動物園で生まれる

父:フェイフェイ

母:ホァンホァン

日本での初の出産と言うことで多くの国民が誕生を楽しみにしていたと思います。しかし、出産から43時間で命を落としてしまいました。




・トントン(童童)

引用:http://images.keizai.biz/ueno_keizai/column/1282205302/1282206275.jpg

性別:メス

誕生日:1986年6月1日

来園:上野動物園で生まれる

父:フェイフェイ

母:ホァンホァン

死亡:2000年7月8日

・ユウユウ(悠悠)

引用:https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fi.ytimg.com%2Fvi%2FTEbz-qH9OkM%2Fhqdefault.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r

性別:オス

誕生日:1988年6月23日

来園:上野動物園で生まれる

父:フェイフェイ

母:ホァンホァン

死亡:2004年3月4日

・シュアンシュアン

引用:http://uenopanda.chu.jp/pandangazou/20050926sh.jpg

性別:メス

誕生日:1987年6月15日

出身:メキシコのチャプルテペック動物園

来園:2003年12月3日~2005年9月26日まで上野動物園に滞在しています。

・リンリン(陵陵)

引用:http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/2010010319563646e.jpg

性別:オス

誕生日:1985年9月5日

出身:北京動物園

来園:1992年11月5日

死亡:2008年4月30日

引用:http://www.ueno-panda.jp/com/upload/panda_140306_large.jpg

・リーリー

性別:オス

来園:2011年2月

・シンシン

性別:メス

来園:2011年2月

・名前決定前…(無名)

性別:オス

誕生日:2012年7月5日

来園:上野動物園で生まれる

父:リーリー

母:シンシン

死亡:2012年7月11日

名前が決定する前に命を落としてしまいました。

この時は、上野を挙げて喜んでいました。

近くの商店街などでは、この赤ちゃんのためのグッズなども作成されていましたが、実際に使うことができませんでした。

歴代パンダたちの名前を見ると、すべてのパンダで二文字を繰り返し使用しています。

そのため、今回の赤ちゃんも二文字を繰り返す名前に決定するのではと言われていました。

結果として、二文字を繰り返す名前に決定しましたね。



上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃん誕生!名前の決め方、決定・選定方法は?募集方法は?候補は?

引用:https://resemom.jp/imgs/p/85E-uQits26mttRV9UEgGNNFxkioS0pNTE9O/175721.jpg

それでは、実際に今回はどのように赤ちゃんパンダの名前が決定したのでしょうか。

今回は、ネットでの応募と実際に上野動物園で名前を応募する方法が取られていました。

引用:https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/07/28/20170728hpj00m040008000q/9.jpg?1

上野動物園のパンダの誕生は多くのメディアで取り上げられました。

名前の公募に関してもメディアで大々的に取り上げられたため、名前の応募はかなりの数来ていたそうです。

公募の名前の制約は何もありませんでしたが、過去の上野動物園のジャイアントパンダの名前を振り返ると漢字二文字が繰り返されるパターンでしたので、今回もそれが一番確率的に高いと言われていました。

実際におこなわれた選定方法は、日本パンダ保護協会名誉会長である黒柳徹子氏など6人が務めている選考委員会が選考会を行い、応募の上位100点から商品名や人名などを除いて投票を行ったそうです。

そこから8点まで候補を絞り込み、最終的に「シャンシャン(香香)」という名前に決定したそうです。

どうして上記の名前に決定したのかは定かではありませんが、私の予想では、最近の将棋ブームから将棋の駒である「香車」の名前を取ったのではないかと予想しています。

前回の赤ちゃんパンダは残念なことに生まれてすぐに命を落としてしまいましたが、今回は成長が安定してくる生後100日を過ぎており今後も健康に成長すると思われます。

しかし、油断は禁物ですね。

飼育員の方には今後もしっかりと成長をサポートしてほしいです。



上野動物園のパンダの赤ちゃん名前決定!発表!「シャンシャン(香香)」はいつ見る事ができる?どこで?どうやって?一般公開は?

引用:https://rpr.c.yimg.jp/im_sigg6Nmv1k7qIEG04K2jkwqtFg—x800-n1/amd/20170925-00076174-roupeiro-000-2-view.jpg

無事に名前が決定したら次は何といっても、いつ私たちがまじかで「シャンシャン」を見る事ができるかです。

現在はもちろん上野動物園に行っても見る事はできません。

実際に見られるのは、生まれて半年となる12月から年明けごろに「シャンシャン」を出産した「シンシン」と一緒に私たちの前に現れてくれるようです。

生後半年と言われていますが、赤ちゃんの成長や健康状態などで大きく前後すると予想しています。

私の予想としては、クリスマス前には一般公開されるのではないかと考えています。

集客率を考えると、クリスマスがベストなのではないでしょうか。

また、家族連れも考えて公開は土日になると思います。

それらを総合すると、2017年12月23日に一般公開するのも良いかもしれません。

しかし、年末年始は何かと忙しい時期ですので上野動物園に足を運ぶ人が少なくなってしまう可能性は十分にあり得ます。

そうなると、少し早めの公開として12月16日になる可能性もあります。

成長や今後の体調を考えながら時期はしっかりと見ていくと上野動物園側も言っています。

私はそれまでしっかりと嬉しさをためておきたいと思っています。

これからも赤ちゃんパンダの健康を祈っていきたいと思っています。




上野の赤ちゃんパンダの名前を大胆予想した安住紳一郎氏!過去に和歌山の赤ちゃんパンダの名前「ユイヒン(結浜)」という予想を見事的中させた実績!なぜ?理由は?

引用:https://www.koubo.co.jp/wp-content/uploads/2016/10/cb1d24ff6eaff4f3f3f59cb604d28ec5.png

今回、決定した上野動物園の赤ちゃんパンダ「シャンシャン(香香)」ですが、名前を決定するのに少し話題となった人物がいました。

それが、TBSラジオの「日曜天国」で司会を務めている安住氏です。

安住氏が注目されていた理由が和歌山のアドベンチャーワールドで生まれた赤ちゃんパンダの名前を過去に的中していたからです。

そこで今回も的中の期待がかかっておりひそかに注目されていた人物と言うことです。

また、調べてみるとこちらも和歌山のアドベンチャーワールドのパンダの名前ですが、双子の名前も的中させているというから驚きです。

それは、2014年の12月に生まれた双子のメスの赤ちゃんについてです。

安住さんは、ラジオでこのようなことを話していました。

これまで12頭、赤ちゃんパンダが生まれています。

和歌山のパンダの名前の特徴は、みなさん知っていると思いますけども。1頭の例外もなく、二文字目に漢字の『浜』。横浜の『浜』ですね。白浜の『浜』の字がついています。南紀白浜で生まれたということで『浜』の字がついていまして。音読みで『ヒン』としているようですが。

これまでも、英雄の雄で雄浜(ユウヒン)。

季節の秋をつけて秋浜(シュウヒン)。

山が隆起するの隆浜(リュウヒン)。

幸せの幸浜(コウヒン)。

愛する人の愛浜(アイヒン)。

明るい農村の明浜(メイヒン)。

パパ永明の1字をもらって永久の永で永浜(エイヒン)。

ママ梅梅の梅の字で梅浜(メイヒン)。

白浜の海で海浜(カイヒン)。

南紀の太陽で陽浜(ヨウヒン)。

優しい優浜(ユウヒン)と、これまで兄弟は全員『浜(ヒン)』の二文字目をつけているということで。

引用:http://miyearnzzlabo.com/archives/22832




歴代のパンダの名前に触れて、すべてのパンダに「ヒン」が使用されていることを説明しています。

ここまでは、パンダが好きな方で和歌山のアドベンチャーワールドについて詳しければわかる人は大勢いると思います。

問題はここからで、どのような名前をチョイスするのかを予想しなければならないというのは非常に難しいと思います。

特に日本の漢字は山ほどありますので、どのように絞り込んでいったのでしょうか。

2014年についた人間の名前の人気のある名前トップ100から、漢字一字である程度意味を持つものをそっから拾ってくればいいわけですね。ポコポコポコポコ拾ってくればいいんですね。

そうすると、『心』とか、『春』とか、『杏』とか、『梨』とか。植物の『芽』。それから、結ぶの『結』とか。菜っ葉の『菜』なども最近人気がありますね。ということで、明治安田生命女の子の名前ランキングトップ100くらいから、漢字一字をグググングググン引っ張ってくるわけですね。

引用:http://miyearnzzlabo.com/archives/22832

私には全然想像もつかないところから名前の候補を持ってきていますね。

人間の名前と言うのは時代を映し出しているとよく言われますので理にかなっていますね。



そして、先ほどご指摘があったように、今度はこれでペアを作ることができる人気のある漢字を、少し見繕えばいいわけですね。そうしますと、私の作業では、『月』と『花』という1ペアね。それから、ハープの『琴』と『鈴』ですね。『琴』と『鈴』っていうペアもきますね。

さらには、『心』と『志』っていうペアもきますね。さらには、『空』と『茜』っていうペアもきますね。そして最後は『桜』と『桃』という。この5つくらいですね。

発表が2月ということですから、立春で春らしい、桃の節句で女の子の・・・って、どんどんどんどんとこれ、恐ろしいぐらいあとづけができるわけです。『桜』と『桃』がね。と、いうことで、およそ作業時間2時間30分。

私の予想は『桜』と『桃』で決定しているわけですね。で、『浜』をつけまして、『桜浜(オウヒン)』と『桃浜(トウヒン)』。いいんじゃないですか?

引用:http://miyearnzzlabo.com/archives/22832

結果がこのようになっています。

見事的中ですが、適当に決めたのではなくしっかりとした理論的な考えをもとに発表時期や時代などをふまえているところが凄すぎます。

ここまで解説されてしまうと、当たっていたとしても「まぐれ!」などとおちょくることができませんね。



上野動物園の赤ちゃんパンダの名前を予想!安住紳一郎氏の予想がすごい!上野のパンダの名前の王道とは?

安住氏について調べていると、とてもパンダが好きなんだと実感しました。

好きじゃないとこれだけラジオで話すことはできません。

過去に上野動物園のパンダの名前についても語っていたので少し紹介したいと思います。

「ン」を含む2文字・2文字の繰り返し。ランラン、カンカン、トントン、リンリンみたいな。これがやっぱり上野のパンダの王道なわけね。で、襲名するならやっぱりこの系統に乗っていきたい。

しかも、上野動物園は、「パンダがいた頃の活気を取り戻したいんだ」というコメントを昨今たびたびしていますので。当然、ランラン、カンカン、トントン、リンリンに続く名前っていうのがやっぱり有力になってくるよね。「全くこれまでパンダを引き受けてなかったんだけども新しく引き受けるよ」っていうんだったら「太郎・花子」っていうのもあるかもしれないし。なんかちょっと違う名前が来るかなと思うかもしれないけど、「パンダがいた頃の上野を取り戻したいんだ」というコメントがあるがゆえに、これはやっぱりランラン、カンカン、トントン、リンリンの系譜に乗った名前じゃないとダメだろうっていうことになるわけだよね。

引用:http://miyearnzzlabo.com/archives/43844

実際、ここから「あ」~「ん」まで当てはめていくそうです。

勿論、異母音の拗音である「ミャミュミョ」なども全て当てはめていくようです。

そこから徐々に絞っていき、最終的には世界各国のパンダの名前と被らないものを選んで、メスとオスの名前を決定するそうです。

途方もない作業を安住氏は淡々と行っているということですね。

また、上野動物園では中国名の一部を引用するパターンも想定できるそうです。



中国名が「ビーリー」と「シェンニュ」という2頭のパンダ。これを上野の歴史、2×2、ワンワンニャンニャン形式に戻すと……「ビーリー」の場合は「ビービー」か「リーリー」。メスパンダの「シェンニュ」の場合は「シェンシェン」か「ニュニュ」になるだろう。こういう結論になりますね。いかがでしょうか?

引用:http://miyearnzzlabo.com/archives/43844

理論的にパンダの名前を絞っていき見事的中させている安住氏にはネット上でも称賛の声がたくさん聞こえてきます。

これだけ当てている安住氏も今回はかなり難しかったと思います。

今回の「シャンシャン(香香)」に関しては、安住氏の上野のパンダの名前の王道に沿った形になっています。

予想が外れたとしても導き方によっては的中させることができるかもしれません。

私も上野のパンダについて調べていたので、二文字を繰り返す名前になる確率が非常に高いとは踏んでいました。

しかし、それからどのように名前を絞り込んでいくかと言うのは全く考えていませんでしたが、パンダ好きの方はここまでやるのかとある意味で感動しました。

今後も成長をしっかりと見守っていきたいです。



上野動物園の赤ちゃんパンダの名前が「シャンシャン(香香)」に決定したことへのネットの反応は?twitterなどSNSでは?

https://twitter.com/6kM6cNmOox1bwo2/status/912328807398309890

祝福の言葉も多くありましたが、一部で和歌山のパンダの名前が決定した時も全国で大々的に放送してほしいなどのコメントがありました。

実際に、パンダの育成には和歌山のアドベンチャーワールドだ日本で一番実績があるのにも関わらず、意外と知らない人が多く「パンダは上野動物園」という人が多くいます。

ちなみに、私もパンダについて調べるまではパンダは上野動物園にしかいないと思っていました。

また、衆議院総選挙前と言うこともあるのか小池東京都知事がわざわざ記者会見を開く必要はないといった否定的な内容のコメントもあったのが印象的でしたね。



関連記事

ついに日本の上野動物園でパンダ誕生!!気になるかわいい赤ちゃんの名前は?

SNSで話題!写真、動物園や水族館での撮影の撮り方や写し方!著作権は?檻が邪魔…年賀状におすすめは?羊?猿?ライオン?オラウータン?ペンギン?イルカ?ウェディング?

海水浴で遊んでいて血まみれに…原因は?ウミノミの生態とはいったい!閲覧注意

スポンサーリンク

コメント

  1. はいじ より:

    今の女の子は「香」のつく子が多い!中国っぽさもあるけど、ある意味「日本の女の子的」な名前♪そして日本と中国両国で忘れてはいけない「香」のつく人物といえば「李香蘭(り・しゃんらん)」こと山口淑子さん。「香」に決まったのが「将棋ブーム」との見方もありますが、私は「香」に旧満州を改めて考えさせられましたし、そういった意味もあって「香香(シャンシャン)」を支持しました。

    • sekine0319 より:

      はいじさん!コメントありがとうございます。

      改めて山口淑子さんについて調べ直してしまいました。

      選考委員会に黒柳徹子さんがいたことも名前の選考の際に山口さんの事を思い出したのかもしれません。

      山口さんの壮絶な過去の体験を少しでも思い出してもらいたかったのでしょうか。

      色々考えさせられます。

      しかし、「シャンシャン(香香)」と言う名前が中国でも受け入れられているようで私はホッとしました。

      中国では上野赤ちゃんパンダの「シャンシャン(香香)」を歴史上の「香香公主(シャンシャン姫)」という人物に例えられているそうです。

      この姫様は少数民族の姫で花を食べて身体から花のいい香りがすることから「香香公主(シャンシャン姫)」と名付けられたそうです。

      その「シャンシャン姫」に例えて中国のネット上では「きっといい匂いがしているんだろうね」などの香りに関したコメントが多くあるそうです。

      また、繰り返す名前と言うのは響きがかわいく、子供のニックネームなどに用いられるそうです。

      未だに中国とは領土問題などで対立して決して良い関係とは言えませんが、このように小さな積み重ねを繰り返すことで良い関係を築いていけたらよいと私は思っています。

      本日はコメントありがとうございました。

      また、立ち寄って見ていただけると私もとても嬉しいですし、もし要望があれば、はいじさんの気になっているものについて私なりに調べてみたいと思っています。

      よく読者の方から要望を頂いて記事を書かせていただいていることもありますので、気軽に連絡してください!