おせち料理とは?歴史や意味、名前の由来は?イラストや通販、作り方など進化するおせち業界!SNSやインスタ投稿?今後は?




おせち料理とは?英語で説明するとどう紹介できる?

引用:http://omunew.info/wp-content/uploads/2015/09/f5f78033bfbbc5830e006bac7bc50e98.png

正月と言えばおせち料理ですが、日本語で説明しようとしてもなかなか難しいです。

日本人としておせち料理についてはしっかりと説明できるようにしておきたいですね。

近年、外国人観光客が急増していますが、日本の伝統の一つであるおせち料理については絶対に聞かれるところだと思いますので、英語でも説明できると日本人として誇らしいですね。

以下におせち料理について英語で説明したものを紹介します。

Osechi-ryori are specially-prepared New Year’s dishes to be eaten during the first three days of January.

お節料理は正月三賀日に食べる特別の料理です。

Most dishes are cooked in order to be preserved for at least three days so women don’t have to cook during that period.

女性たちが三日間は炊事を休めるようにと、ほとんどのおせちが最低三日間は保つように作られています。

Various kinds of beautifully-prepared dishes are set in four-tiered lacquer boxes.

様々な種類の料理が、美しく整えられ、四段重ねの重箱に入れられます。

引用:http://kyonenglish.blog98.fc2.com/blog-entry-764.html

Each of the dishes has some auspicious meaning which reflects people’s wishes.

食べ物には人々の願いがこもったおめでたい意味があります。

For example, kazunoko, herring roe, represents fertility, kuromame, cooked black beans, are for health (mame means healthy), and lobsters are for longevity because their bodies are bent like an old man’s.

例えば、ニシンの卵である数の子は子孫繁栄の意味を、黒豆は「まめになる」、つまり健康になるという意味を、海老は曲がった姿が老人のようにみえることから長寿を意味します。

引用:http://kyonenglish.blog98.fc2.com/blog-entry-764.html

おせち料理は新年の特別な料理として準備され、重箱にきれいに並べられます。

Osechi ryori is specially prepared New Year’s food, beautifully arranged in lacquer boxes.

おせち料理のそれぞれの料理や材料には健康や豊作、幸福、繁栄、長生きなどの意味があります。

Each dish and ingredient in osechi has meanings, such as good health, good harvest, happiness, prosperity, long life, and so on.

数の子などの黄色の料理や材料は繁栄を意味し、様々な豆は健康への願いを暗示します。

It’s said that yellow colored dishes and ingredients such as kazunoko symbolize prosperity and that various beans imply a wish for good health.

また、赤・ピンクと白の料理、白とピンクのかまぼこのようなものは祝いの色を示します。

Also, red/pink and white colored food, such as pink and white kamaboko slices represent celebration colors.

引用:http://kyonenglish.blog98.fc2.com/blog-entry-764.html

いかがでしょうか?

最低限ここまで説明できるだけで、日本の文化や伝統は外国人に伝わるのではないでしょうか!




おせち料理の重箱などの由来と意味・歴史、大人向けの料理だけでなく子供向けも?おせちの本一覧も紹介!

引用:http://trend-goodnews.up.n.seesaa.net/trend-goodnews/image/ojyu-2.jpg?d=a0

皆さんもおせち料理には色々な意味があることはご存知だと思いますが、どれだけ知っているでしょうか。

知らないで食べているのと由来などを知っていて食べるのではまた違った気持ちで楽しむことができると思います。

おせち料理とは正月の3日間ずっと食べる食事です。

私の実家でも毎年おせち料理と餅をお正月は毎日食べますが、最後のほうは飽きますね!

また、昔は正月の3日間は家事をしないという風習があったそうです。

この風習には毎日働いている奥さんへのねぎらいや台所の「かまど」の神様を休ませるために3が日は火を使わないという意味だそうです。

これを調べた時、私は納得しました。

私も実家で正月の時は、毎日仏壇にお供え物をさせられていましたが、台所の上にある神棚にも毎日お供え物をさせられており、子供の時はなぜお正月にお供え物をするのかと疑問だったんです!

しかし、ここで疑問が出てきます。

私たちはお正月に絶対に食べるものがあります。

それは「お雑煮」です。

お雑煮は温かいものです。

近年では3日間火を使わないという風習は守られておらず、ガスなどを使ってしまいますが、昔はどうだったのでしょうか。

調べてみると、居間にある「いろり」だけは別で火を使ってよかったそうです。

その「いろり」でお雑煮を作っていたそうです。




おせち料理の意味や種類を調べてみた!

引用:https://img1.biranger.jp/wp-content/uploads/2012/11/20121121keiko007.jpg

おせち料理は縁起物ですので、すべての料理に意味を持たせていました。

近年では、デザイン性などを重視して昔には入れなかった食材や和風を好まない人たち向けに中華風であったり、洋風にしあげたおせち料理も登場しているのを目にします。

おせち料理には多いく分けて5種類に分類できます。

おせち料理は色々なものが箱の中に詰め込まれているように思われますが、懐石料理と同じでコースのように分類されています。

分類は「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」となっています。

それぞれに何かしらの意味がよえられていますので、これから一つずつ紹介します。

これを読めばあなたもおせち料理のすべてを知ることになりますので、しっかりと準備しておいてください。

まず、おせち料理の醍醐味と言うと高級感のある重箱です。

これにも意味があり、「幸せを重ねる」という意味を込めて重ねているということです。

最近では2段や3段、5段などの重箱も売られていますが、正式には4段の重箱です。

なぜ、4段かと言うと昔は完全な数字の3の上に1段重ねた数として、「一の重」「二の重」「三の重」そして「与の重」となっています。

なぜ、4という数字を使わないかと言うと四とは死を連想する数字として縁起が悪いため使われませんでした。

これは昔から言われていたことで、ホテルや旅館などにも4の部屋がないのは縁起が悪いからだと言われています。




おせち料理の重箱の詰め方は何を入れるか決まっている!

引用:https://www.kibun.co.jp/knowledge/shogatsu/osechi/img/shurui/main.jpg

4段の重箱にはそれぞれ詰めるものが決まっています。

<一の重>「祝い肴」「口取り」

かまぼこ、栗きんとん、伊達巻、田作り、黒豆、数の子、きんぴらごぼう

<二の重>「焼き物」

鯛や鰤などや焼き物、海老などの海の幸

<三の重>「酢の物」

紅白なます等

<与の重>「煮物」

里芋やクワイ、レンコンやニンジン、山の幸の煮物や筑前煮など

家庭によって、4段ではなく3段や2段のところもあります。

3段重の場合は、一の重に「祝い肴と口取り」、二の重に「焼き物と酢の物」、三の重に「煮物」

2段重の場合は、一の重に「祝い肴と口取り」、二の重に「煮物」、残りは好きなところに詰めれば大丈夫です。

それぞれ地方や地域によって、品数や種類などは様々ですが、20種類から30種類ほどあると言われています。

実際にはもっとあるかもしれませんが、今回は代表的なものを私が独断でピックアップして食べ物の意味などを紹介したいと思います。




おせち料理の意味やいわれを調査!

おせち料理の品はそれぞれ意味があります。

今回は代表的なものを紹介していきたいと思います。

<黒豆>

引用:https://www.google.co.jp

邪気払いの意味や黒く日焼けするほどマメに勤勉に働けるようにという願いが込められています。

勤勉に働けるようにと言うことですが、日本人は勤勉すぎると私は思います。

有給も堂々と使えないような会社がまだ多いという事実を何とかしてほしいですね。




<数の子>

引用:http://shopping.c.yimg.jp/lib/bishokuc/2009osechihamaphoto5y.jpg

ニシンは卵の数が多いことから子孫繁栄を願う縁起物となっています。

日本はこのまま少子高齢化が進むと何十年後かには今の人口の約半分になると言われています。

人口の数は経済発展と比例すると言われていますので、このままいくと日本の経済は衰退していく可能性があります。




<かまぼこ>

引用:http://www.shima7.com/kamaboko-hiroba/odoburu1.jpg

紅白や松竹梅などの柄などはおめでたいことを表しています。

鶴や松などの飾り切りは縁起物となります。

赤色は魔除けで白色は清浄という意味があります。

毎年年末にやる紅白歌合戦も縁起物として考えられたのでしょうか?




<伊達巻>

引用:http://dietmotivation.net/wp-content/uploads/2013/12/img55657853.jpg

デザインが巻物に似ていることから知識が増えるようにとの願いが込められています。

知識と言うのはいくらあってもいいものですので、私もこれから毎年食べたいと思います。




<きんとん>

引用:http://kenkoulog.com/wp-content/uploads/2015/12/osechi2013hio6126.jpg

漢字で書くと「金団」と書きます。

黄金に例えて金運を呼ぶ縁起物として詰められます。

ぜひ金運ほしいですね。

良く言われることが、一度お金持ちになると一生お金持ちになると言われています。

なぜかと言うと、お金と言うのは新のお金を生みます。

それの繰り返しなので、お金が減らないと言われています。

なので私はお金の知識とお金がほしいので、伊達巻ときんとんをこれからお腹に詰め込んでいきたいと思います!(笑)




<紅白なます>

引用:https://www.kyounoryouri.jp/upfile/l_1226284846_5194.jpg

水引をかたどったと言われており、平安や平和を願うものです。

近年、北朝鮮などの核開発やミサイル発射など戦争の一歩手前まで来ている状態です。

戦争は何も生まないことを改めて考えてほしいと思います。




<鯛の姿焼き>

引用:http://img02.hamazo.tv/usr/s/e/n/senta/sdfghj_1.PNG

「めでたい」と言うことで色々な場面で登場する鯛です。

恵比寿様が持っている魚としてハレの食卓にはふさわしい魚と言えます。




<鰤の照り焼き>

引用:https://www.takarashuzo.co.jp/cooking/pic/recipe/653.jpg

出世魚と言われている鰤は立身出世を願う縁起物とされています。

出世と言いますが、これは会社員であることが前提ですよね。

会社員ではない場合はどうするのでしょうか。




<田づくり>

引用:https://www.google.co.jp

片口イワシの稚魚を干して飴炊きにしたものです。

昔、片口イワシを農作物の肥料として使用したところ田畑が豊作になったことから五穀豊穣を願うものとなりました。

「五万米」の字を当て「ごまめ」とも呼ばれています。




<車海老艶煮>

引用:https://www.lettuceclub.net/img/dish/1/S20091225041001A_000.png

海老はゆでるとお年寄りのように腰が曲がることから長寿という願いが込められています。

近年、薬や医療が発展して以前は治せなかった病気が治るようになっていました。

これは非常に良いことですが、治ってしまうことで高齢者が増加して若者の負担が増加していることも真実です。

高齢化問題を早急に何とかしなければこれからの子供たちの将来に影響が出てしまうかもしれません。




<煮蛤>

引用:https://uds.gnst.jp/rest/img/rzzuyb240000/s_004i.jpg?t=1453387425

左右の貝が合うのは一対しかないことから夫婦円満を表す縁起ものです。

最近ひそかに深刻になっているのが、母子家庭の貧困です。

これはどちらにも非があることですが、私が良く聞くのは若くして「授かり婚」で子供を授かり結婚した人が早期に離婚して母子家庭になるということです。

「結婚」と言うのが年々軽いものになっていると私は感じています。

改めて「結婚」の重みを再確認してほしいと私は思います。

夫婦のためではなく、将来の子供のためにしっかりと計画してほしいと思います。




<昆布巻き>

引用:http://yaseru-yasetai-diet.com

「こぶ」は「よろこぶ」に通じるとして縁起が良いと言われています。

「子生」と書いて子孫繁栄の意味もあると言われています。




<筑前煮>

引用:https://stat.ameba.jp/user_images/20111230/11/kantan-uchigohan/ba/b9/j/o0550036711703280429.jpg

レンコンは穴にちなんで将来を見通すと言われて、小芋は身をたくさんつけることから子孫繁栄、土の中で根を張る根菜を用いて末永い幸せを祈願する意味があります。

これだけ食べ物に意味を持たせる国が日本の他にあるでしょうか。

このような風習がめんどくさいという人もいるかもしれませんが、私は日本の文化を誇りに思っています。

このような伝統は残していかなければなりませんが、私が最近で一番いらないと思った伝統がサラリーマンの伝統です。

私の友人や知人にはサラリーマンの方が多くいますが、良く話していると「常識」という言葉がちらほら出てきます。

例えば、上司と焼き肉を食べに行った際、お肉の頼み方に順番があるということや残業は当たり前などと言うことです。

このような間違った風習は早急に撤廃しなければならないと思いました。

話は戻りますが、おせちを食べたくても一人暮らしの方などは手が届かないかもしれません。

そしたら最低限の食材だけでもおせち料理として成り立ちますので、ぜひお正月はおせち料理で満喫してください。

それは「祝い肴三種」と言われており、三品とお餅がそろえば最低限おせち料理と呼べます。

なぜ三品なのかと言うと、「3」という数字が完全を意味しているからです。

そのため、おせち料理を作るのであれば、必ずこの三品は揃えましょう。

<関東>

黒豆、数の子、田づくり

<関西>

黒豆、数の子、叩き牛蒡

ここで一つ気を付けてほしいことが、関東と関西では一品だけ違う料理と言うことです。

ここまでで「おせち料理」と言うものが少しわかったと思います。

実際に私も実家でおせち料理を毎年食べていましたが、このような意味を知らずに食べていました。

これからはしっかりと意味を把握してありがたく食事をしたいと思います。




おせち料理!SNS映えやインスタグラム映えで投稿!今後の業界の対応は?

今後のおせち料理商戦に欠かせなくなってくるのが、料理の種類や高級料理ではなくインスタ映えやSNS映えなどのデザイン重視のおせちが重要になると思われます。

おせちだけでなく、これからの商品はデザイン重視になってしまうと思います。

私としては、デザインも重要ですがある程度伝統は守ってほしいと思っています。

おせち料理は今や通販でも!口コミは重要?激安には人気、無添加やひどい商品も続々、事件も発生?セブンイレブンと伊勢丹の違いは?

引用:http://xn--2017-z63cydvb5705c0p9bjug.com/img/header.jpg

引用:http://www.cfalella.com/img/header.jpg

昔はおせち料理と言うのは家庭によって違いました。

全て家で手作りしていたからです。

しかし、近年ではコンビニなどでも販売されるほど色々なところで作られています。

中には数十万のおせち料理もあるようです。

お正月は何かと忙しい時期ですのでおせち料理を作りたくても作れない人もいるかと思います。

そこで、家庭ではどれだけ手作りをしているか奥様方は気になると思います。




おせち料理、普通の家庭ではどのくらい手作りしている?何種類作ればいい?

引用:http://kanao23.up.n.seesaa.net/kanao23/image/yamafukuoseti.JPG?d=a1

奥様は気になるところかもしれません。

ちなみに私の実家では9割手作りしていてとても珍しい家庭と言えます。

実際に某企業の調査では、すべて手作りなのは全体のわずか7%ほどで、全部購入する家庭は約16%、手作りと購入の両方と答えたのが約50%ほどという結果となりました。

一般的には5種類程を手作りしてそのほかは購入して重箱に詰めるという家庭が多いという結果となりました。

これだけは譲れないという料理が家庭によって一品はあると思います。

実際に私の実家でも卵料理だけは絶対に家庭の味があります。

また、一般家庭では難しい料理などもありますので、そういった商品を購入するという方も多かったです。




おせち料理、通販でも購入可能!20種類から40種類入っているおせち料理もある?

インターネットが普及した今ではスーパーや百貨店に足を運ばなくても届けてくれる通販が便利なツールとなっています。

私が驚いたのは、日本の春の醍醐味である花見です。

昔は一人一人が商品を持ち寄って宴会をするのが花見でしたが、今では、ピザなどを花見の会場に持ってきてもらい手ぶらで花見を楽しむ人たちがいるそうです。

便利になったのと同時に何か寂しくもあります。

便利になるのは良いのですが、便利になるのと同時に何かを失っているともいえると思います。

通販について少し調べてみましたが、ものによっては、日本の三大珍味が入っていたり、世界の三大珍味が入っていたりとクオリティーが高いことがわかりました。

黒豆や数の子などはおさえつつ海の幸や山の幸などデザインを重視したおせち料理や家庭ではできないバラエティー豊かなおせち料理なども販売しています。

また、女性に優しい無添加のおせち料理なども発売されています。

私が驚いたのは、最近発表されたスシローの新商品のカロリーオフ商品です。

シャリの代わりに大根の酢漬けなどを使用したりともはや寿司ではありません。

このように時代に合う商品のラインナップになっており子供でも楽しくおいしく頂けるおせち料理が多くなっているのは良いことです。




おせち料理のイラストも続々!無料のものやぬりえ、モノクロ、素材、白黒など画像が盛りたくさん!簡単に取得可能?

引用:http://wantapc.net/nengasozai/oseti/oseti17.png

おせち料理のイラストも多くありますが、実際に何に使うのか私にはわかりませんでした。

実際に使っている人がいましたら、ぜひ私に教えてください。

おせち料理を食べている家庭で多くある問題が、どうしても残ってしまう料理です。

私の実家でもおせち料理を作ったのは良いが1週間以上出てくる料理があります。

今回は某企業の統計から一番残る料理を以下にまとめてみました。




おせち料理で最後まで残ってしまうかわいそうな料理ランキング!

引用:http://suumo.jp/article/nandemorank/wp-content/uploads/2014/12/dffa98fa277a9f997d84b66090969ccb.png

皆さんも気になっていると思います。

これを見れば、これからのおせち料理での作る量を調整できるかもしれません。

ランキングに入るものは残ってしまうことが多いので、少なめに作ることをお勧めします。

<第一位> 黒豆 約17%

<第二位> 田つくり 約10%

<第三位> なます 約8%

<第四位> 昆布巻き 約7%

<第五位> 栗きんとん 約7%

<第六位> 煮しめ 約7%

<第七位> 数の子 約6%

<第八位> かまごこ 約5%




これら調査から昔からあるものが良く残ってしまうということです。

縁起物だから作りはするが残ってしまうというのが一般家庭の悩みとなっています。

実際に私の実家でも豆と栗きんとんなどは最後まで残っています。

私も一粒くらいしか毎年食べてない気がしますね。

特にお豆は甘くて子供に人気かと思いきや子供は豆が嫌いと言う子が多いです。

また、甘いので一度にたくさん食べることができないのも残ってしまう原因となっています。

また、おせち料理を食べないという人も全体の4分の1程いました。

昔と違い今は正月でもお店が開いているため、好きなものを食べられるという意見もありました。

便利になった世の中ですが、日本の伝統はこれからもしっかりと続けていきたいです。

最近では、家庭で餅つきなどもおこなわれなくなっています。

私の実家では毎年おこなっていますが、このように伝統を続けている家も少なくなってきました。

私は自分の子供のためにも餅つきなど伝統は続けていこうと思っています。

もし、これを見ている方で少しでも何か思ってくれた人がいたのなら家族で日本の文化を満喫してみてはいかがでしょうか!

実際にやることが大事です。

私も祖父や父が餅つきやうどん作りをしているのを見て、自分の子供にも教えたいという気持ちになりました。

これが伝統を受け継ぐということではないでしょうか。

皆さんも実際にやって楽しんで伝統を受け継いでいきましょう。




おせち料理の意味、れんこんや黒豆、栗きんとん、ぶり、えび、伊達巻や子供の由来!

引用:http://www.yamacomi.com/images/320121213150731.jpg

上記でも紹介しましたが、おせち料理には全て意味が込められています。

また、おせち料理とはもともと季節の変わり目とされた「節」に、神様にお供え物をして宴を開く宮中の行事で使用されていた料理でした。

宮中では「御節供料理」と呼ばれており、これが庶民に浸透して「おせち料理」となったと言われています。

昔は何でも神頼みが多かったことから「おせち料理」にも豊作祈願や子孫繁栄など色々な意味を持たせたのではないでしょうか。

上記では正式な重箱の段数は四段と言っていましたが他のサイトで調べてみると五段が正式と記載されていました。

どちらが本当かはわかりませんが、もっとも重要なのは中身だと思います。




おせち料理につきものの伝統食材「もち」と「お雑煮」とは?

引用:http://www.rurubu.com/season/winter/oshogatsu/img/pic/pic_teiban_niigata.jpg

お餅は日本の伝統食材の一つです。よく外国人が日本の餅つきを見ているのを写している放送がありますが、お餅のことを知っている人は多くないのではないでしょうか。

私の実家でも毎年餅つきは行いますが、お餅の意味を考えたことは一度もありませんでした。

「お餅」とは昔から神様に捧げる神聖な食べ物だったそうです。

よく考えると、お餅を作ったときは仏壇にお供えしていたことをおぼえています。

昔は祝い事や祭りの日には欠かせない食べ物だったそうです。

12月29日につく餅を「苦餅」といって嫌われており、12月31日につく餅を「一夜餅」と言っていました。

正月には年神様に備える餅が鏡餅と言い、1月11日の鏡開きまで床の間や仏壇などに飾り続けます。

最近では餅つきをしている家族はあまりいないと思います。

その為、29日に餅をついてはいけないことやお供えを1月11日まで行うことなど忘れてしまっている日本人が多くいると思います。

これを気に改めて意味を理解して日本文化を学んでもらえたら嬉しいです。




正月のおせち料理やお雑煮、鏡餅の飾り方、飾りの意味とは?

引用:http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/oshougatsu/jyunnbi/images/img_photo04_02.jpg

お雑煮と言うのは、お供えした餅に野菜や鶏肉、魚などを入れて煮込んだ料理です。

関西と関東で大きく違うようで、関西は白みそでお餅の形は丸餅だそうです。

一方で関東は醤油中心で切り餅やのし餅、角餅を使用します。

お雑煮は地域によって違うようで、調べてみると面白いかもしれません。

ベースは醤油や味噌が多いですが、具材などが地域によって特徴があり面白いです。

また、意外と知らない鏡餅の飾り方を簡単に紹介します。

引用:http://asukainfo.com/wp-content/uploads/2016/10/kagamimochi-2.jpg

私が一番に疑問に思ったことが、一番上に置く「みかん」です。

これは、正式には「ダイダイ(橘たちばな)」と言うそうです。

ダイダイ(橘)は、お菓子の神様と言われている「田道間守命(たじまもりのみこと)」が、当時の第11代垂仁天皇のために、不老長寿の薬を求めて中国に渡り、そして持ち帰った不老不死の霊果です。つまり生命再生のサポートをする意味があるのです。

特に、鏡餅の上にのせるダイダイと連れ立って、孫代々(ダイダイ)の譲り葉という言葉が生まれ、子々孫々まで繁栄する縁起物となったのです。

引用:www.sueki.jp

みかんにはこんな意味合いがあったんですね。

おせち料理でもそうでしたが、昔は子孫繁栄にはかなり力をいれていたのでしょうか。

金運や平安平和などの意味合いもありましたが、それ以上に子孫繁栄と言うのが一番重要だったといえます。




おせち料理の作り方!簡単な煮しめや筑前煮、黒豆、伊達巻、なますなどスケジュールや作る順番はある?

引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/69/9e/6b17fe9c5eee1705533315b4ce558eb9.png

年末年始は忙しい人が多いですが、そんな中で作るおせち料理は効率良く作っていきたいものです。

そこで、おせち料理を作る順番はあるのか調べてみました。

まず、おせち料理を作る順番としては2つポイントがあります。

・日持ちするものから作っていく

・冷凍庫を活用する

冷凍すると鮮度が落ちると言いますが、うまく活用することで逆に鮮度を落とさないようにすることもできます。

おせち料理の作る手順は基本的には以下の通りになります。

佃煮→酢の物→煮物→焼き物

一番日持ちしないものは焼き物で冷蔵庫で2~3日と言うところでしょうか。

佃煮は1週間~10日程持ちますので、そこから逆算して作っていけば無駄がなくおせちが完成すると思います。



冷凍できるおせち料理一覧!

ほとんどのおせち料理は冷凍可能とのことです。

そのため、冷凍できるものは直ぐに冷凍してしまったほうが鮮度が落ちずにおいしく頂けると思います。

栗きんとん、昆布巻き、豚の角煮、伊達巻、黒豆、なます

上記は一部ですが、冷凍できるおせち料理です。

こんにゃくや数の子は食感が変わってしまうので冷凍には不向きです。気を付けてください。



実例からおせち料理の手作りスケジュールを紹介!

今回紹介するのは冷凍保存しないスケジュールです。

冷凍保存する場合ならもっと余裕をもって作業できると思われます。

実際に冷凍保存する場合は2週間~3週間程保存が聞きます。

<12月27日>

・田つくり作る

・黒豆水で戻す

<12月28日>

・黒豆煮る

・なます作る

・酢れんこん作る

・数の子塩抜き

<12月29日>

・黒豆煮返す

・数の子煮汁付け込む

・昆布戻す

<12月30日>

・昆布巻き作る

・伊達巻作る

・栗きんとん作る

<12月31日>

・筑前煮を作る
・えび煮を作る

<1月1日>

・ぶりの焼き物作る

・かまごこ切る

正式には1月1日から3日間は火を使わないというのが昔の習わしですので、1月1日にやる作業を31日にするのも良いかと思います。

今回の例は全て手作りと言う仮定ですが、手作りと購入の両方でおせち料理を構成することで、料理の手間も削減でき種類も多くすることができます。




おせち料理の手作りレシピや人気ランキング!

引用:http://isncepnmos.com/img/takkumi2.png

手作りレシピや人気のおせち料理は毎年変わってきますので、これだ!というものはないと思います。

しかし、老舗料亭などのおせち料理はやはり人気です。百貨店なども年々競争が激化しておりデザイン性や味がどんどん良くなっているのではないでしょうか。




まとめ

簡単にこれまでの事をおさらいすると、おせち料理とは新しい年を迎えたお祝いの料理であり、新年の無事や豊作を願う膳と言うことです。

また、正月の期間主婦を休ませると言った意味もあるので、基本的に生のような保存がきかないものは使わず、長期保存が可能なものを主に使います。

地方によっては、おおみそかにおせち料理を食べるところや年が明けて食べるところ、親せきなどが集まる日に食べるなど様々ですが、基本的には元日に食べます。

おせち料理が初めて作られたのは弥生時代だと言われています。

おせち料理は「御節供」ともいわれ、中国ではめでたい日の節目を「節」とし、弥生時代に中国からこの風習が伝わったとされています。弥生時代は狩猟から農耕に変わり、お米を食べ始めた年代で、人々は豊作を願ったり、食べ物に感謝するよう変化していきます。

この「節」の日に感謝し、おせち料理が始まったといわれているのです。徐々にそれが定着していき、奈良〜平安時代には宮中行事となり、この宮中行事を「節会」といい、節日に食べ物を神にお供えし、宴を開いて祝うようになりました。これがやがて全国的に広まり、正月に出るご馳走が「おせち料理」と言われるようになったのです。

平安時代頃は、まだ今のようなおせち料理とは程遠く、ご飯を高く盛ったものなどをお供えしていたのだとか。

引用:https://mor-phey.com/new-year-dishes-history/

江戸時代の前までは、かなり位の高い人たちの食事だったそうですが、一般におせち料理が市民に広がったのは江戸時代からと言われています。

江戸時代になると、五節供が幕府の公式行事となりました。この五節供とは、1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日の日で、今でいう節句の日です。その中でも、一番おめでたい日を祝う御馳走として、おせち料理は江戸時代後期から習慣になっていきました。徐々に品数も増え、一品一品願いが丁寧に込められたお料理となっていきました。

引用:https://mor-phey.com/new-year-dishes-history/

そして、おせち料理の由来となったのが以下のことになります。

おせち料理は「節供料理」ともいわれ、おめでたい節目の日に神様に豊作や無事を感謝して供える料理という由来があります。これが簡略化されて、「おせち」となったわけです。

また、昔はおせち料理のことを、「蓬莱」や「食積」とも呼んでいました。おせち料理と呼ばれるようになったのは、第二次世界大戦が終わったあたりでした。

引用:https://mor-phey.com/new-year-dishes-history/

正月のおせちとは毎年の始まりの行事ですので、しっかりとこなして新年を迎えたいですね。

風習を守る守らないは別として、おせち料理を毎年食べる習慣は日本人として忘れないでほしいところです。




関連記事

今後の観光業で注目のお茶屋さんでのお座敷遊び!女性の反応は?気になる遊び「おまわりさん」、皆さんの気になるお値段の相場は?また、海外での反応と英語では何と表現するのか!wikiでの解説など疑問に答えます。

お座敷遊びの魅力!敷居が高いイメージのある舞妓さん遊び、気になるお値段や服装、遊びの種類!一見さんはお断り?東京で体験ができるお店から本場の京都のお店での内容やツアーも紹介!また、今後の日本の経済との関係は?

スポンサーリンク