米CEOら大統領へ反発!北朝鮮情勢緊迫化やや後退してトランプ大統領の意向は?




北朝鮮問題の緊張状態後退へ米国の今後の行動

引用:http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/b/600w/img_7be37e18bb488cfee0da2994c13fb574195822.jpg

北朝鮮と国境がつながっている韓国のムン・ジェイン大統領は2017年8月14日に北朝鮮の核問題は平和的に解決する必要があると説明しています。

私としてはこれまで何度も核問題に対して対話を申し入れているが一向に前に進んでいない北朝鮮問題は、すでに対話と言う方法では解決しないのではないでしょうか。

既に各国が制裁に乗り出していますが、一向にミサイル開発や核開発をやめません。

逆に技術が発達しているとさえ私は思います。

米当局者も韓国などと同じく直近での戦争のリスクは起きにくいとして発言の語調を弱めています。

北朝鮮はアメリカに対して、米国本土に届く核兵器の開発が近いとして緊張が高まっていました。

引用:https://www.cnn.co.jp/storage/2017/05/16/acfa55280e945ce7c8af5f8938835e77/north-korea-missile-launch.jpg

また、アメリカの領土であるグアムに弾道ミサイルの発射を検討していると過激な発言をしたことに対して、米大統領であるトランプ氏は、「北朝鮮が浅はかな行動を取れば、軍事的に対応する準備は完全に整っている」と警告しました。

これだけのことが起こっているにも関わらず、何を根拠に北朝鮮問題の緊迫が後退したとしているのでしょうか。

韓国のムン・ジェイン大統領は定例会議でこのように発言しています。

引用:http://wonderbridge.net/wp-content/uploads/2017/02/99_20141117102009.jpg

朝鮮半島で二度と戦争が起きてはならない。どのような起伏があっても、北朝鮮の核問題は平和的に解決する必要がある」

「米国もわれわれ同様、落ち着いて責任ある形で現状に対応すると信じている」

また、米国大統領補佐官であるマクマスター大統領補佐官はABCテレビでこのように発言しています。

引用:https://ichef-1.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/419A/production/_94749761_7adfcd4e-5b5b-4a4c-9662-498f725b4fab.jpg

「1週間前と比べ戦争が始まる危険性が高まったとは思わない。10年前と比べれば高まっている」

米国のティラーソン国務長官とマティス国防長官はウォール・ストリート・ジャーナルでこのように説明しています。

<マティス氏>

<ティラーソン氏>

引用:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/freshwater24/20170114/20170114015439.jpg

「北朝鮮に対して外交的・経済的圧力を加えることで、完全で検証可能かつ不可逆的な形で朝鮮半島の非核化と北朝鮮政権の弾道ミサイル計画の破棄を目指す」

このように話していますが、本当に各国の北朝鮮へ対しての経済制裁で核問題やミサイル問題などが解決するのでしょうか?

私が北朝鮮のトップだとすると、これまでの交渉材料であったミサイルや核兵器を捨てるでしょうか。

また、兵器と言うのはかなり儲かります。

もし、北朝鮮が開発した兵器を他国に売るルートがあるもしくはできたとすると脅威だと私は感じました。

実際に、フランスなどは兵器売買がなければ国がなくなるとまで言われていました。

また、日本は景気が悪いと言われていますが、私としては日本の兵器技術を売れば途端に日本は裕福な国になります。

北朝鮮は兵器開発をやめるメリットがなければ今後もエスカレートしていくのではないでしょうか。

なぜ、これだけ公ミサイルなどを飛ばしているのか私なりに考えてみました。

その結果、一つは各国へのけん制はあると思います。

もう一つは、PRのためだと私は考えました。

今後の顧客へ対しての販売宣伝だと思います。

簡単に言うと通信販売と同じと言うことです。




ジャパネット高田がもし商品を見せるだけだったら皆さんはその商品を買いますか?

引用:http://fundo.jp/wp-content/uploads/2016/01/c6fe08d1r.jpg

実際の性能だったりがわからないので、怖くて買いませんよね?

ジャパネット高田は実際に商品を使って見せて、性能を見て確認できるようにしているので、視聴者は買おうと思うと私は思っています。

それと同じで、いくら北朝鮮が「うちのミサイルはすごい!」と言っていたとしても実績がないので買い手は買いたいと思いません。

しかし、実際にミサイルを飛ばして実績があるものに関しては、試さなくてもわかるので必要なら直ぐに買うことができます。

このように、北朝鮮は今後の顧客へのPRを今からしているのではないでしょうか。

トランプ氏は北朝鮮と同盟を結んでいる国の主要な貿易国である中国に対して、北朝鮮を抑えるように要請をしており、かなわなかった場合は米中貿易に影響を与えると脅している。

それに対して中国は貿易と政治を結び付けている米国、またトランプ氏に強く抗議しています。

中国外務省の華春瑩報道官はこのように話しています。

引用:http://j.people.com.cn/mediafile/201211/18/F201211181306073917725118.jpg

「(朝鮮)半島の問題と貿易・ビジネスは別々だ」

「これらに関して米中はお互いを尊重し協力を強化するべきだ。片方の課題を利用して他の課題について圧力をかけることは明らかに不適切な行為だ」

私としてはどちらの意見も正しいと思います。

中国は北朝鮮の兵器開発に関与したいため、北朝鮮が要求するものは渡したいとしていますが、逆に米国は北朝鮮の兵器開発をやめさせたいので貿易の主流である中国に貿易をやめるよう促して、兵器開発ができないくらい貧困にしてから交渉したいという考えなのではないでしょうか。




北朝鮮 移動発射台準備!?中距離ミサイルの発射の準備か!!

引用:http://sakurajadehouse.com/wp-content/uploads/2017/03/ok.nhtr_.jpg

米国の北朝鮮を監視している米軍偵察衛星から中距離弾道ミサイルと思われる発射台が準備される動きがあるということが15日にわかった。

韓国やアメリカが北朝鮮の緊迫が後退したと言う矢先の情報です。

これがグアム攻撃と直接的に関係があるのかはわかっていませんが、北朝鮮は攻撃を実行すると決定してから24時間から48時間でミサイルを発射できるように準備を進めている可能性があります。

しかし、北朝鮮はこれまでにもミサイルや発射台を頻繁に移動しているが、必ず発射するかと言われてばそうではないようです。

考えてみてもわかりますが、ミサイルを一発撃つのに相当お金がかかります。

その為、むやみにミサイルは発射しないのではないかと私は考えます。

マティス米国防長官は14日にグアム周辺へもし発射したならばこのように話しています。

「戦いが始まる」

と警告していますが、本当に北朝鮮はミサイルを発射するのでしょうか。

また、マティス氏は会見でこのように警告しています。

「結果を引き受ける覚悟がなければ相手を攻撃するものではない」

ミサイルが発射された場合、グアムなどの領内へ向かっているかどうかは米軍が

「瞬時に」

判断できると強調したうえで、米国の領土が標的だと判明した場合はミサイルを

「撃ち落とす」

としています。

米軍は先の訓練で北朝鮮からのミサイルを想定して迎撃訓練を実施しています。

訓練は成功したとしています。




北朝鮮がミサイル開発をする理由はいったい何?目的と日本に落ちたらどうなる?

引用:https://i1.wp.com/free-style-info.com/wp-content/uploads/2017/04/nothkorea001.jpg?resize=551%2C419&ssl=1

ミサイル開発や核開発、拉致問題に暗殺など様々な問題を抱えている北朝鮮ですが、これらの行動はどういう目的があっての行動なのでしょうか?

引用:https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/121508/7290de3e4995e25679ffbeeb6f20ddc7_d6fdf9cc1697377efaadd838553126ef.jpg?width=588

北朝鮮はこれまでに何度もミサイルを発射してきました。それと同時に毎回世界各国から非難の声が上がっており、北朝鮮への経済制裁も行われています。

また、年々ミサイルの制度や飛距離なども進歩しており、すでに先進国の武器技術と比べても遜色ないのではないでしょうか。

なぜ、世界中から非難されており、外交や国際政治や貿易などに影響が出ることをわかっていてミサイルを発射するのでしょうか。




北朝鮮の目的はアメリカへの挑発行為?

一つ理由として挙げられるのは、相手国を挑発することで周辺の国々から支援を受けて成り立たせようとしている国家です。

普通の国では世論などが反対しますし、誰かしらが声を上げるのが普通です。

しかし、北朝鮮は3代続く独裁政治であるため声を上げることが難しいのではないでしょうか。

暗殺なども起こっているようですので、敵対したものは皆殺しと言うところでしょう。

簡単に言うと、日本の昔のような感じです。

お殿様が殺されたら、攻めてきた大将がそこのトップに収まるという戦国時代のような国です。

その為、私が思うに現在の北朝鮮のトップが殺害され、引き継ぐ跡取りがいなければ北朝鮮は直ぐに民主主義国家になるのではないでしょうか。

あくまで架空の話です。

なぜ、北朝鮮がミサイルを打つのかと言うと、アメリカを挑発して直接協議して有利な条件を出そうとしているのではないでしょうか。

物資などもらえるものをもらって独裁政治を維持していく狙いなのではないでしょうか。

基本的に無条件で話し合いをした場合は、まずアメリカは現在の独裁政治を廃止する方針にすると思います。

思うというか私がアメリカ大統領だとしてもそうするからです。

そのような不利な条件を出されないために挑発していると考えています。




戦争がしたい国々へ武器を売りさばく計画の北朝鮮!

引用:http://media.ws.irib.ir/image/4bk9edc2bda087earp_800C450.jpg

武器は高く売れますね。しかし、売り物にするにはそれなりのものを作らなくてはなりません。

実際に数年前までの北朝鮮の技術はかなり遅れていたと思います。

しかし、現在では1000キロ以上飛ぶミサイルや大気圏付近まで飛ぶミサイルなど実際に飛ばしているからこそなのか、非常に速いスピードで技術が向上しているように思います。

もともとシリアやイランに武器を輸出していることからそれらの国々へアピールしていると考えられます。

北朝鮮から武器を買うのはテロ組織が多いそうです。

そして、基本的にテロリストは米国を毛嫌いしていますので、アメリカに強気な姿勢を見せることでお客さんに商品をアピールしていると思います。




北朝鮮がもし日本に向けてミサイルを打って来たらどうなる?

北朝鮮の目的はアメリカであり日本ではないと思います。

しかし、日本はアメリカと友好関係にあるため挑発してきているのではないでしょうか。

実際に北朝鮮が日本にミサイルを打ってくることはないでしょう!

何故なら、日本はアメリカと日米安全保障条約を締結しているため、北朝鮮が日本を攻撃した場合はアメリカ軍が日本の代わりに北朝鮮を攻めてくれる都いうわけです。




北朝鮮のミサイルは結局実験段階!日本に誤作動で落ちることもあるかも!

北朝鮮のミサイルは結局のところ実験段階の失敗品ですので、日本に誤作動で落ちることは0%ではありません。

また、アメリカにアピールするためには日本を通らなくてはなりません。

そして、北朝鮮がミサイルの実験を飛ばせることができるのが日本海側だということもあり日本では連日ニュースになるということです。

また、アメリカなどの最先端ミサイルは偵察衛星からの情報から発射後でも位置をコントロールできるところまで進歩しています。

しかし、今の北朝鮮では狙った位置あたりに飛ばすのが精いっぱいですので、もしかすると日本を横断する途中で誤作動が起こり、日本の陸に落ちることもあるといえます。

爆発の威力は本物だと思いますので、もし日本に落ちてきたらかなりの被害が出ると予想出来ます。

一応、政府はミサイルを撃ち落とす迎撃ミサイルのPAC3を配備していますが、本当に撃ち落とせるかは飛んできた時にしかわかりません。




まとめ

北朝鮮の目的の一つはアメリカとの有利な交渉にあるため、日本はあまり関係ないと私は考えています。

しかし、アメリカ大統領がトランプ氏に変わったことで政権方針も大きく変わっていると思います。

あまり、北朝鮮が挑発しているとアメリカも本気になるのではないかと私は冷や冷やしながら毎回報道を見ています。

しかし、日本はアメリカと北朝鮮と挟まれた状態にいると私は思っています。

その為、解決する糸口を日本は見つけなければならないのではないでしょうか。

今後も北朝鮮問題は急速に進展していきそうなので、皆さんも情報を見逃さないようにしましょう。




スポンサーリンク