ついに、トランプ氏と安倍首相が会談!安倍首相のトランプ氏に対する考え方とは




トランプ氏と安倍首相の会談!トランプ氏は日本をどのように思っている?一方の安倍首相はどのように思ったのか!

出典:http://www.kantei.go.jp

出典:http://www.kantei.go.jp

安倍首相はドナルド・トランプ次期大統領と外国首脳としては初めてとなる首相会談を果たしました。

会談は1時間ほどですが、会見後、安倍晋三首相は「まさに信頼できる指導者だと確信した」と話しています。

トランプ氏は「素晴らしい友好関係を始めることが出来てうれしい」と表明しています。

出典:http://www.kantei.go.jp

出典:http://www.kantei.go.jp

言葉だけを聞くと、今後の米国との関係はとても良好なイメージになります。

しかし、皆さんは忘れてはいけません。

アメリカ大統領選でのトランプ氏の発言の数々を思い出してください。

トランプ氏は選挙中に日本や韓国などの同盟国に対して、米軍の駐留費をすべて負担させる。負担しないのであれば撤退する。

などと言ったとんでもない発言をしています。

トランプ氏は、発言したことを行動に移すことでも知られているため、選挙戦で発言していたことが行動に移されるのではないかと心配されています。

更に、日本には核兵器の保有を容認するような発言もしています。

もし、核兵器を保有することになると、近隣諸国の北朝鮮や中国、ロシアなどと緊迫した関係になってしまうと私は思っており、逆に外交的に不利になるのではないかと考えています。

また、TPP(環太平洋経済連携協定)に対しても反対の意向を示しており、脱退を示唆しています。

もし、アメリカがTPPを脱退することになると、中国の思うツボになりかねないと私は感じています。

なぜなら、日本はTPPだけでなくRCEP(東アジア地域包括的経済連携)に所属しています。

簡単に言うと、中国を主体とするTPPみたいなものです。

出典:https://newbloommag.net

出典:https://newbloommag.net

もし、アメリカがTPPを脱退したなら日本はRCEPの方に重きを置きます。

皆さんもわかってきたと思いますが、そうすると、中国が優位な立ち位置になると言うわけです。

そのため、アメリカはTPPには参加するべきであると私は思っています。

今後のトランプ氏の行動に注目したいと思います。

このように多くの問題を抱えているトランプ次期大統領の方針に危機感を募らせていたことから、安倍首相の今回の訪問に繋がったと私は考えています。

トランプ氏は会談後、自身のフェイスブックに安倍首相との写真を投稿して「安倍首相が私の家に立ち寄り、偉大な友好関係を始められたことは喜ばしい」とコメントしています。

一方で、トランプ氏の政権移行チームでは日本への失言があり、問題となっている事や内輪でも問題を抱えているなど混乱が続いているようです。

出典:http://d2dcan0armyq93.cloudfront.net

出典:http://d2dcan0armyq93.cloudfront.net

また、管房長官は記者会見で「来年1月に米新政権が発足する前から強い信頼関係を築くうえで大きな一歩を踏み出す会談になった。極めていいスタートが切れた」と発言しています。

出典:http://www.asyura.us

出典:http://www.asyura.us

日本の防衛の要であり、第9条についての発言などで注目を浴びていた稲田防衛相は「日米関係は非常に重要だ。いい一歩になったのではないか」

出典:http://digisoku.com

出典:http://digisoku.com

麻生福総理兼財務相は「波長が合ってうまくいったという事だ。2人の個人的な関係がまず出来上がり、政策の話になっていく。流れとしてはいい」

政治家の皆さんは事を荒げないために、内容の薄い発言をしているイメージが私には感じられました。

安倍首相の発言は本当のものなのか、また、トランプ氏の発言のような友好関係を結ぶことができるのか心配な部分が私にはありますが、今後、まちがいなく注目されると思います。大統領に就任してからではなく、就任するまでの動きにも注目しておきたい人物の一人ではないでしょうか。




スポンサーリンク