現在のトランプ大統領の評価と変化!トランプ氏の娘イヴァンカ氏が駐日大使に任命?今だ収束のメドが立たないトランプ大統領へのデモ!今後どうなるのか




トランプ氏アメリカ大統領選と当選してからの変化と評価

アメリカ大統領選で暴言や失言が目立っていたトランプ氏ですが、当選して以降、発言が変わりつつあります。

パフォーマンスから現実へシフトしているのだと私は思っています。

東京都知事選が知名度だと言われていますが、今回の大統領選もそうだと私は感じました。クリントン氏はアメリカ大統領選で使用した広告費が数十億円とも言われていますが、トランプ氏はほとんど広告費を使用していません。

何故かと言うと、メディアが勝手に取り上げてくれるからです。

日本のメディアでもそうですが、話題になるのは、良い事より悪い事の方が比率的に大きいのではないでしょか。

朝、ニュース等を見ていると、悪いニュースが目立ち「日本は大丈夫か!」とよく私は言っています。

私は最近のニュースで良い内容の記憶があまりありません。どちらかと言うとテロや事故など悪いニュースの記憶が多くあると感じています。

皆さんはどうでしょうか?

このように悪いイメージは長い間記憶に残っています。そのため、メディアでも取り上げられて、結果的にトランプ氏の知名度がクリントン氏を上回っていたのではないでしょうか。

そして、当選してからはトランプ氏の発言が変化しているのに皆さんは気づいていますか?

アメリカ大統領選の際、クリントン氏支持の国民に対して多くの暴言を吐いていたトランプ氏ですが、当選後の演説でトランプ氏は「私は全てのアメリカ人の大統領になる」と発言しています。

また、「今こそ私たちは、一致団結した国民の姿を見せるべきです」や「私を支持しなかった方にも、私は手を差し伸べます」など選挙中とは発言が変化しています。

これは、パフォーマンスと政治を分けられていると解釈してよいのではないでしょうか。

選挙では知名度を上げるために暴言や失言を繰り返し、選挙後は支持者を増やすための発言をする。

戦略家のトランプ氏が見えてきます。

ここで演説の一部を紹介します。




ありがとうございます。皆さん、お待たせしました。

今、クリントン前国務長官から電話がかかってきました。クリントン氏は、私たちの勝利を祝ってくれました。私も心の底から、クリントン氏とご家族を称えました。ヒラリーは長きにわたり、懸命に戦ってきました。彼女の国に対する献身に対して、私たちは心から感謝をしています。

これからは分断の傷を癒していきましょう。団結を目指す時です。共和党員、民主党員、独立系の人々、国じゅうの全ての人たちに申し上げたい。今こそ私たちは、一致団結した国民の姿を見せるべきです。その時がやってきました。

私はここに誓います。私は、全てのアメリカ人の大統領になります。

私を支持しなかった方にも、私は手を差し伸べます。皆さんの支援、そして導きを求めます。一致団結して、この国を偉大な国にしていきましょう。

当初から述べていましたが、私たちの選挙は素晴らしい「運動」でした。懸命に働く数百万人の男性・女性たち、愛国者の人たち、明るい未来を志向する人たちの大きな運動でした。

この運動には、あらゆる人種の人々が参加し、宗教的な背景、信念を持った人たちが参加した運動でした。彼らは、この国の政府が国民のために奉仕することを求めたのです。

私たちは共に働く事で、緊急に求められる課題に取り組んでいきます。アメリカンドリームを再び復活させます。私はこれまでずっとビジネスの世界に身を置いてきましたが、まだ利用していない潜在的な力を掘り起こし、様々なプロジェクトをやってきました。今度は国のために、これを成し遂げたいと思います。

この国にはまだ非常に大きな可能性があります。この国のことを、私はよく知っています。まだまだ潜在的な力があります。

すべての国民が、自分の可能性を追求するチャンスが与えられる世界へ。世の中から「忘れられた人々」は、もはや忘れられた存在にはならないのです。我々は都市部のスラムやトンネル、高速道路などのインフラを立て直していきます。これは非常に重要なことなのです。インフラを立て直す過程で、大勢の人たちを雇用していきます。

また我々は、素晴らしい退役軍人たちについても対応していきます。この18カ月で、私は多くの人たちと知り合いました。この選挙戦で彼らと過ごした時間は、本当にすばらしい時間でした。彼らは素晴らしい人たちです。そして私たちは才能を持った人たちの能力を活かし、すべての人のためになることに取り組みます。

私たちには素晴らしい経済プランがあります。国の成長を倍増させます。世界で最も強い経済を作り出していきます。また、私たちと「良好な関係を築きたい」という国とは、うまく付き合っていきます。素晴らしい関係を築けることを期待しています。

どんな夢も大きすぎることはありません。我々が望む将来というのは、手の届かないものではありません。とにかく全てのことにおいて、ベストを追求します。

私たちは、自分たちの運命を再び継承しなければなりません。大胆な夢を見なければなりません。再び素晴らしいこと、成功することを夢見ていくのです。

そして、世界に向けて宣言します。私たちは、常にアメリカの利益を最優先しますが、全ての人・国に公正に対応します。紛争や対立ではなく、この機会にパートナーシップを。共通認識を探っていきます。

この機会にもう一度、素晴らしい歴史的な勝利をむかえるために携わってくれた人々にお礼を申し上げます。

まず両親に感謝を。いま天国から、私を見守ってくれている事でしょう。素晴らしい両親でした。メリアン・エリザベス姉妹、ロバート兄弟にも感謝を。それからフレッグ兄弟。素晴らしい家族・兄弟に恵まれました。

妻のメラニア、子のドン(トランプ・ジュニア)、イヴァンカ、エリック、ティファニー、バロン、みんなを愛している。ありがとう。これだけ大変な時間を一緒に過ごしてくれた。厳しい戦いだった。辛く、醜いところもあった。一緒に過ごしてくれた家族に、心より感謝します。

ジュリアーニ・元ニューヨーク市長にも心より感謝を。いろんな会合にも来てくれました。ニュージャージー州のクリスティー州知事も素晴らしい働きをしてくれた。ありがとう。そして、偉大な政治家、ジェフ・セッションズ上院議員も私の陣営に参加してくれました。偉大な人でした。

予備選で互いに争い、色々な意味で学ぶことになったベン・カーソン氏。また、マイク・ハッカビー氏もこの会場のどこかにいると思います。そして、マイク・フリン中将ら200人以上の軍の司令官たちが、私たちを支援してくれました。22人の名誉勲章受章者が私を信じてくれました。

スーパースターであるランス・プリバース共和党全国委員長も支援してくれました。共和党全国委員会で事務局の仕事をしてくれました。本当にありがとう。全国共和党委員会とのパートナーシップは、勝利につながりました。

シークレットーサービスの人たちにもお礼を申し上げたいです。彼らはタフで有能で、鋭い。本当に素晴らしい人たちです。それからニューヨーク市警察にも感謝します。

今回の選挙は、本当に歴史的なイベントでした。でも本当の意味で歴史的になるために、素晴らしいことを成し遂げなければなりません。私たちは、皆さんをがっかりさせません。私たちは偉大なことを成し遂げていきます。

私は皆さんの大統領になれることを、とても楽しみにしています。そして2年後、3年後、4年後、あるいは8年後に「とても誇りを持てた出来事だった」と言えるようにしたいです。選挙戦は終わりましたが、運動はまだ始まったばかりです。私たちはアメリカの国民のため、すぐに作業に取り掛かります。

そして願わくば、皆さんが大統領に誇りを持てるようにしたいです。今夜は素晴らしい夜になりました。私はこの国を愛しています。ありがとうございました。




こちらは日本語字幕ありのトランプ氏勝利演説です。

当選後の演説の内容を一部見てもらうとわかりますが、クリントン氏には敬意を表しており、アメリカを強くすると言ってはいますが、他国を冒涜する発言はしておらず、しっかりとした基盤があるように私は思いました。

当選直後の演説から私は素晴らしいアメリカ大統領になる可能性があるのではないかと感じました。

橋本徹氏は、トランプ氏のことを「歴代大統領の中で最高の実力者となる」と発言しています。

トランプ大統領下での日本の立場は厳しいものがあると私は考えますが、これを気に独立するチャンスでもあるのではないでしょうか。




トランプ氏の娘イヴァンカ氏が駐日大使に任命?日本も歓迎ムード

出典:http://www.sankei.com

出典:http://www.sankei.com

アメリカ大統領選でトランプ氏の投票率に影響を与えたと言われている娘のイヴァンカ氏ですが、トランプ氏が大統領に就任した際、イヴァンカ氏が駐日大使になる可能性が出てきました。

私は駐日大使に任命されると日本の政治家が骨抜きにされるのではないかと心配しています。

政治家も人間です。必ず私情が絡んでしまいますし、政治家の悪いニュースが多い今、私はとても不安です。

トランプ氏本人も「娘は不動産についても政治についても、素晴らしい勘の持ち主」と絶賛しています。

イヴァンカ氏はモデルとして有名ですが、実業家としても実力があります。そのため、その美貌と経営力は日本にとって侮れないと私は考えています。

ここで、少しイヴァンカ氏のことを紹介したいと思います。

イヴァンカ氏はトランプ氏の「右腕」と言われているほどの経営センスを持っています。2004年には名門のペンシルベニヤ大のウォートン・スクールを首席で卒業し、トランプが経営する不動産会社の副社長として、大型の案件の交渉を任されています。

交渉術は政治家にとって非常に必要な要素と私は考えており、国際的な交渉は自国の経済に影響する重大な部分です。

その重要な役職に経験豊富で実力の備わった美女が就任すると言うのは、日本経済にとって非常に怖い存在になると私は考えています。

そのため、イヴァンカ氏が駐日大使に任命された際は、実力ある女性政治家をぶつけるのが良いと私は思っています。

日本経済が悪い方向に進まないことを祈ります。




反トランプデモいつまで続く!デモが激化し、銃で撃たれる人も出る!

出典:http://afpbb.ismcdn.jp

出典:http://afpbb.ismcdn.jp

現在、全米で大規模な抗議デモが続いています。それに対してトランプ氏は融和を呼びかけています。

デモに対して「デモの参加者は私たちの偉大な国への情熱を持っている」とトランプ氏はツイッターで発言しています。

私としては、このツイートでデモの参加者はさらに怒りが湧いているのではないかと感じました。

投票数ではクリントン氏が上回っていたことも原因の一つではないかと私は感じています。

そのため、デモでは「トランプは私の大統領ではない」「次期大統領を拒絶する」などのプラカードが目立っています。

このデモが続くとトランプ氏の次期大統領が危ぶまれるのではないかと感じています。

韓国では、パククネ氏が知人女性の国政介入や不正疑惑などで退陣を求める大規模なデモが続いています。

出典:http://buzz-netnews.com

出典:http://buzz-netnews.com

このデモは「2000年代で最大規模の集会」と言われており、パククネ氏の退陣は時間の問題だと言われています。

出典:http://marticleimage.nicoblomaga.jp

出典:http://marticleimage.nicoblomaga.jp

このように力の弱い国民が集まるとどれだけ権力を持っている人物でも勝つことはできません。

そのため、今後米国のデモが今以上に大規模になった場合、トランプ氏の大統領就任が見直される可能性が出てきます。

そのため、今後の米国の情勢には注意して見ている必要があります。少なからず日本への影響は否めません。

私個人としては、とても注目している経済の一つですので、今後の展開に注目したいと思います。




スポンサーリンク