ハロウィンの市場規模と推移、市場規模の内訳と動向とは?2016年度から見えた2017年、2018年への影響!ハロウィンへの企業の進出と食品への影響!




年々増加するハロウィン市場!その推移と動向?

毎年ハロウィンの規模が拡大していますが、ハロウィンとは何の祭りか皆さん知っていますか?

ハロウィンを楽しんでいる方々の大半が何のための祭りなのかわかっていないようです。

私も以前は、何も考えずに楽しんでいました。しかし、何のための祭りかわかることで、よりハロウィンを楽しんでみてはどうでしょう。

ハロウィンはもともと収穫祭です。それを祝っての祭りなので、日本の収穫を祝って仮装するのが、もっとも祭りを楽しんでいると言ってよいと私は思います。

そのため、毎年私は日本の収穫に感謝しながら祭りを楽しんでいます。

出典:http://growth-ideas.com

出典:http://growth-ideas.com

また、ハロウィンの市場に与える影響は馬鹿にすることが出来ません。2014年度の市場規模は約1100億円と言う数字が出ているほどです。

2015年には約1220億円と2014年のバレンタイン市場を上回りました。ハロウィンは若者層に人気が高く、当日は東京や渋谷、六本木に繰り出す若者が多く、メディアでも取り上げられます。

日本記念日協会は、ハロウィンの非日常的な体験ができる自由な祭りを求めていることや地震などの被災以降、地域や家族の大切さを実感したい人々が増えたこと、手軽に知人や友人と参加できること、企業などが参入したことが市場規模が急速に成長した要因としています。

どの分野においても急速に発展したものには問題もついて回ります。私が毎年のハロウィンで問題と思っているのが、ごみ問題です。ハロウィンの翌日の渋谷などを見てみるとわかると思いますが、あちこちにごみが散らかっています。大型の台風が通過したのかと言うくらいの惨状です。

また、当日の盗難なども頻繁しております。ハロウィン当日の都心はスリ師の格好の的です。スリ師の間では「ハロウィンは稼ぎどき」と言われているそうです。

今回挙げた内容は一部のもので、他にも多くの問題があります。これら問題を解決することで、ハロウィンの市場規模はより大きなものになるのではないでしょうか。

ハロウィンの市場は若者の女性がけん引している?

若者の多くが楽しんでいますが、某企業の統計によるとハロウィンをけん引しているのは20代前後の女性だそうです。

出典:http://growth-ideas.com

出典:http://growth-ideas.com

また、ハロウィンだけでなく、20代女性は最近の日本のブームを引っ張っている存在であると言うデータもあります。

現在、お酒離れなど多くの分野で「若者離れ」と言う言葉を耳にします。ハロウィンを軸に若者の活気を取り戻してほしいと私は思います。

私も世間では若者の部類に入りますが、「ゆとり世代は使えない」などと言われないように頑張らなければいけないと思います。

2016年度から見えた2017年、2018年、今後の影響は!

出典:http://www.sankei.com

出典:http://www.sankei.com

ハロウィンが初めて日本に上陸したのは1970年代頃と言われています。市場規模としては2001年ごろから4年間で約2倍の経済効果があったとされています。

また、日本のハロウィンは米国とは違い、多くの大人が楽しんでいる印象が私にはあります。

本来、子供が近所を回りお菓子をもらうものでありましたが、日本では純粋に大人が仮想を楽しんでいる独自の文化が根付いたと言えます。

クリスマスの経済効果が約7000億円と言われているので、まだまだハロウィンは発展途上だと私は見ています。

市場規模としては、将来7000億円から1兆円の規模に拡大すると私は考えています。今後は若者層だけでなく高齢層にもハロウィンを浸透させていけるかだと思います。

クリスマスは年齢関係なく楽しめるイベントですが、ハロウィンは仮装など高い年齢層には手が出ないものだと私は思っています。

若い今だから楽しんでいますが、あと10年したら私もハロウィンに参加しているかわかりません。

そのため、仮装だけでなく、他の楽しみ方が提供できれば市場規模も拡大できるのではないでしょうか。

ハロウィンへの企業の進出と食品への影響!

年々ハロウィンへの企業進出が増加しています。特に多いのは食品メーカーだと私は思っています。食品メーカーなどはハロウィンの市場が成長するまでは、クリスマスまでの長い期間主要なイベントが無く業績を伸ばすことが難しいと言われていました。

しかし、ハロウィンの市場規模が拡大したことによって、業績を伸ばすチャンスが生まれたと私は考えています。

ハロウィンは秋商戦で注目されており、早いところで9月初めからパッケージやハロウィン商品を導入し始めます。

食品に関してもハロウィン用など食品開発もされています。

それだけ、ハロウィンの市場規模が大きいことが企業進出からわかります。今後も食品だけでなく、多くの分野でハロウィンに参入することで経済効果が期待できると私は考えています。

これは結果にすぎませんが、ディズニーランドのハロウィンイベントがハロウィンの火付け役ではないでしょうか。

そのため、今後のディズニーイベントには注目しておきたいと思います。




スポンサーリンク

コメント

  1. 170705_ハロウィンの市場規模と推移、市場規模の内訳と動向とは?2016年度から見えた2017年、2018年への影響!ハロウィンへの企業の進出と食品への影響! | アイデア未来塾 より:

    […] 出典:http://sekine1993.com/post-1600-1600 […]

  2. 170705_ハロウィンの市場規模と推移、市場規模の内訳と動向とは?2016年度から見えた2017年、2018年への影響!ハロウィンへの企業の進出と食品への影響!_アイデア未来塾_002 より:

    […] 出典:http://sekine1993.com/post-1600-1600 […]