経済発展が著しい魅力的な都道府県、輝かしいランキングはいかに!




魅力的な都道府県とは

近年、外国人観光客が増加傾向にある日本ですが、本当に魅力的な都道府県とはどこになるのでしょうか。

私としては、昔の風景が今での残る京都や奈良は海外からの人気が高いと思っています。また、東京は若者に人気だと考えています。

やはり、アニメは海外でも人気で秋葉原はアニメ好きには聖地と言ってよいと思います。

そして、日本で外せない県と言えば、北海道ではないでしょうか。自然豊かで海鮮がおいしいのが人気の理由ではないでしょうか。

私は以前からウニが食べられませんでした。しかし、北海道へ行ってウニを食べたら、食べられたんです。それ以来、ウニは好きな食べ物になりました。

私が少し疑問に思う県が、沖縄県です。何故かと言うと、確かに海はきれいですし、自然も素敵だと思います。

しかし、食べ物がとてもおいしいとは思ったことがありません。まずいと言っているわけではないのですが、海がきれいな県はほかにもあります。

しかし、毎年の魅力的都道府県ランキングでは常に上位に表示されています。私の経験としては、これまでに色々な県へ行きましたが、やはり食べ物がおいしい県ほどもう一度行きたくなります。

先日、知人がハワイに行った話を聞きました。その知人は「ハワイのどこが良かったのかわからない」とこぼしていました。

まず、肌が焼けるため海に入らなかったそうです。そして、ショッピングを楽しんだそうですが、いかに日本人観光客が多いと言っても外国です。日本語が通じないため、有意義にショッピングを楽しめなかったそうです。

また、ハワイの物価も日本と変わらず、得した感じもしなかったそうです。このような理由から「自分にはハワイはあわない」と話していました。

このように、どんなに海がきれいだとしても入れない、または入らなければ意味がありませんし、ハワイも沖縄同様においしいと心の底から思えるものが私にはないと感じました。

しかし、ハワイも観光客には人気のある観光スポットです。それが私には少しわからないのです。

皆さんはそのような経験はなかったでしょうか。振り返って考えてみるのも良いと思います。

魅力的な都道府県ランキング!

ここでは、ランキングと私の独と偏見をもとにランキングとは別に魅力がある県も紹介したいと思います。

第一位

北海道

五稜郭公園 桜1

不動の一位と言ってよいでしょう。自然豊かで食べ物もおいしいです。また、春には桜が華やかに彩り、秋は紅葉が広がり、冬の訪れを知らせます。秋の紅葉は他の県を圧倒していると私は感じます。冬は外国人観光客にも人気のスキー場が開演します。北海道は良質なパウダースノーで日本人にも人気だと思っています。

私は北海道で初めてスノボーを経験しました。友人に連れられて板の付け方も知らないまま山の頂上まで行かされたのを思えています。

案の定私は友人においてかれて、死に物狂いで下山しました。パウダースノーのおかげで怪我もなく北海道旅行を満喫できたので北海道の雪には今でもとても感謝しています。

第二位

京都府

出典:http://www.jalan.net

出典:http://www.jalan.net

外国人観光客にも人気の県です。日本人の多くの人が訪れたことがあると思います。高校の修学旅行では定番になっています。

また、大人になり再度行きたい県ランキングでも人気が高いです。私もその一人であり、高校時代は歴史的な建造物にも興味がなく、教師に言われたスポットを淡々と訪れていたのを覚えています。

教師にスタンプを押してもらうことがゴールだと勘違いしていました。

しかし、大人になり、歴史的意味をしってから行きたくてしょうがないです。私が死ぬまでにやりたいことの一つに京都で舞妓さん遊びをすることがあります。

芸者遊びは基本的に紹介でした入ることが出来ないという事がわかっています。また、費用も高額なので一般には公開していません。

このような歴史的価値がある県に旅行に行くときは、少し勉強してから行くとより充実した旅行になると私は思います。

しかし、勉強しすぎて周りに自慢するのは避けた方が良いと思います。ウザがられる原因の一つになりかねません。楽しく旅をするために、知識はほどほどにしておきましょう。

第3位

東京都

出典:https://static.retrip.jp

出典:https://static.retrip.jp

日本の首都という事もあり、海外からも人気が高いです。また、地方に住んでいる学生たちの修学旅行先になることが多いことも要因だと私は思います。夢をかなえられる県として、地方から上京する人も多いと感じます。

都心付近に住んでいる人々が田舎に住みたいと言うように、地方に住んでいる人々は都心に住みたいと思うのは当然のことだと思います。

しかし、これらが急速に進んでいることから地方では人手不足、後継者不足が深刻になり始めています。

私は将来的には畑を耕し、自由に生きたいと思っています。私のような若者が増えてくれることを祈ります。

ランキングについては、2014年、2015年など振り返ってみてもあまり変化が無いように私は感じました。

私の考えでは、外国人観光客が急増する2020年までに何かしらの動きを見せた県が今後伸びてくるのではないでしょうか。

全ての県が観光に力を入れてくれることが、日本の景気、経済などに大きく影響を与えるのではないでしょうか。

これは余談ですが、先日仕事の関係で京都の方へ連絡しました。その時、電話に出ていただいたオペレーターの方ですが、少し方言が混じっていたんです。今思うと、標準語がまだ慣れていない方だったのではないでしょうか。

それが私にはとても魅力的に見えてしまったのを覚えています。

これだけ聞くと、変態な発言だと皆さんは感じると思いますが、都心に住んでいる方々には少しは理解できると私は思っています。

話は戻りますが、魅力的な都道府県として紹介しましたが、他の県も魅力的なところが多くあります。そのため、旅行を決める際はランキングなどに頼らず、調べて色々な県の魅力を探してみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク