年末商戦は英語で何と言う?年末に家電製品売れるって本当!年末に上がる銘柄ランキング!2013→2014→2015→2017→2020年の東京オリンピックはどうなる!




意外と知らない年末商戦を英語で!

そのままですが、年末商戦を英語で表すと「Year end shopping season」になります。アメリカでは、感謝祭が終わると年末商戦という事になります。平均して多くの商品で3割以上の値引きがあるそうです。

毎年11月の第4木曜日が感謝祭で、その翌日がブラックフライデー(Black Friday)と呼ばれています。この日から年末商戦が始まります。日本で言うとボーナスを受け取った後の12月15日前後からのようなものだと私は思っています。

年末商戦はアメリカのABCニュースでも毎年取り上げられます。

日本では12月以降に電化製品がよく売れている!

年末商戦とは主にボーナスをもらった人たちをターゲットに各企業がイベントを開催しています。

クリスマスが重なるという事で、宝石業界やおもちゃ業界の業績が伸びるのはわかりますが、電化製品業界はどのようなかかわりがあるのでしょうか。

アメリカでは、「サイバーマンデー」と言われるセールが開催されます。これは、大手インターネット販売業界のAmazonなどがインターネットで大きなセールをすることです。ここでは主に電化製品やパソコンがセールに出されています。

皆さんも経験があると思いますが、ボーナスをもらうと財布の紐が緩みますよね。私にも経験がありますが、つい高いものに目がいってしまいます。

このように、財布に余裕があるときは普段手が届きにくい家電などの電化製品を購入する人が増加する傾向にあります。

しかし、私の経験から言いますと、年末商戦時期に購入するのは得ではありません。何故かと言いますと、ボーナス時期は高くても売れるからです。そのため、値引きをしません。

そのため、本当の狙い時期は2月下旬や8月下旬だと私は思います。この時期はどの企業も決算期なので大きく値段を下げてきます。

これは、色々な業界で言えると思いますが、大きな購入は決算期前がお勧めです。私は決算期前に自動車を購入したのですが、オプションを付けて限界まで下げた金額からさらに50万円ほど値引いてもらいました。

年末年始注目の銘柄ランキング!

第一位

食品メーカー

これは、年末にかけてお歳暮やクリスマス、歳末、お節などの需要が伸びるからです。

年末年始の上野のアメ横は毎年すごいようです。

第二位

百貨店業界

クリスマスや正月に向けて多くの商品が並びます。ボーナス時期という事もあり、高価な商品の購入率が上がるようです。

年始には日本の恒例となった福袋もあります。

第三位

家電量販店

以外だと言う人もいると思いますが、年末にかけて電化製品を購入する方が多くいます。その多くは、パソコンなどの高価な家電を購入する傾向があるようです。

ボーナス時期という事もあり、財布の紐が緩むという事が考えられると思います。

2013年、2014年などを振り返り、2020年ごろにはどうなっている?

年々イベントが大きくなっていると私は思います。そのため、年を重ねるごとにより大きな行事になるのではないでしょうか。

しかし、現在、世界でテロなどが頻繁に起きているため、人が集まるイベントや行事には注意が必要だと私は思います。

祭りやイベントは加熱する傾向があるので、大きくなるという事は、比例して人が多く集まるという事だと私は思います。そのため、そういった中でテロが起きた場合は皆さんもわかると思いますが、被害も拡大する恐れがあります。

政府などにはイベントに対する対策を考えてほしいと思います。

まとめ

年の最後という事もあり、年末年始は財布の紐が緩むようです。私もその一人です。悪く言えば「企業の思うツボ」です。

また、年末にかけて多くのイベントがあることが問題だと私は思います。日本だけではありませんが、年間を通して多くのイベントがあるのがいけないと思います。

ディズニーランドのイベントを参考にするとわかりやすいと思います。

七夕や夏祭り、ハロウィン、クリスマス、お正月などイベントがあることによってお金を使う機会が増えるのではないでしょうか。

ハロウィンという言葉が出てきたので簡単に紹介したいと思いますが、みなさんはハロウィンが何のイベントなのか知っていますか?

若い人に聞くと、99%くらい知りません。知らずにイベントを楽しんでいるわけです。ちなみにハロウィンとは収穫祭です。

イベントがあることによって、そこで資金が回り経済が活性化する部分もあるので、悪いというわけではありません。

私個人の意見として、このままでは「今日は付き合って1日目だね」「今日は付き合って1週間記念日!」などといったことになってしまうのではないかと心配です。

私はワイワイするのは好きな方なので、毎日イベントも楽しいかもしれません。




スポンサーリンク