年末商戦とは何か!また、時期としてはいつからいつまで?アメリカのブラックフライデーの規模から見る為替の動向は?




年末商戦とは?また、いつからいつまでなの?

皆さんも聞きなれていると思いますが、毎年やってくる年末商戦!意外と知らない人がいるみたいです。

まず、年末商戦という事で、時期は年末の寒くなる冬です。そして、多くの企業では冬のボーナス時期に仕掛け行きます。

夏と冬のボーナス時期は財布の紐が緩むため、多くの企業でイベントを開催しています。私もつい財布が暖かくなると買ってしまいます。

そして、ボーナスは平均して12月上旬にもらうケースが多いという事から12月15日から月末を年末商戦と言ってよいと思います。

どの業界が活気づく?

出典:http://www.cnn.co.jp

出典:http://www.cnn.co.jp

クリスマス時期という事もあり、12月は宝石業界や貴金属業界、おもちゃ業界や外食系業界も活気づきます。

皆さんも経験があると思いますが、彼女や彼氏へのプレゼント、自分へのご褒美に物を買ったり、高級レストランへ行ったり、子供へのプレゼント購入など私も悩みながら購入したのを覚えています。

また、電化製品などの購入も多く見られます。理由としては、やはりボーナスという事でかなり高額な商品を買われる方が多いそうです。

また、多くの業界は3月や9月の決算期や12月のイベント期などに消費者が集中する傾向があります。

私も9月の決算期に自動車を購入したのを覚えています。決算期は多くのディーラーで値引きが可能です。企業としても決算前に売りたいという事もあり、他の月より多く値引きできるかもしれません。

アメリカのブラックフライデーとは何か!

こちらも年末ニュースで大きく取り上げられるので良く耳にすると思います。ちなみに私は全く知りませんでした。

ブラックフライデーと聞くと悪い感じがしませんか?

バブル崩壊前夜のブラックマンデーや世界恐慌のブラックサーズデーなどと似ているため、多くの方が勘違いしやすいです。

私はフライデーとマンデーを間違えていました。そのため、毎年アメリカの年末はバブル崩壊のような経済状態なのだと思っていました。

簡単に説明すると、日本で言う金曜日が祝日になり多くの人が買い物に出かけて、そこで特別セールを行うようになったことが始まりのようです。




アメリカの年末商戦の始まりを告げるブラックフライデー!

ブラックフライデーは米国の年末商戦の始まりを鳴らすベルのようなものだと私は思います。

ブラックマンデーが終わると続いてインターネット販売業界が「サイバーマンデー」というセールを始めます。

それが終了してアメリカの一大イベントであるクリスマス商戦が始まるのです。日本とは違い、アメリカのクリスマスは神聖な宗教行事であるため、規模が違います。

噂によると、このクリスマス商戦はある意味戦争であると聞いています。日本で言うところの福袋を大きくしたものだと私は思っています。

福袋はどれだけ良いものが安く手に入ると言っても、中身がわからないものに対して買う度胸が私にはありません。

しかし、海外では日本の福袋の人気が上がっているようです。見えないワクワク感も魅力的なようですが、海外ではこのようなイベントがないようです。

そのため、年始の福袋イベントには多くの外国人観光客を目にします。

2015年はテロ警戒の中、年末商戦が始まりました。日本のメディアでも大きく取り上げられています。

年末商戦の規模に伴う為替への影響は…

日本の景気はどのように左右されているか皆さんはわかりますか?

これは私の意見ですが、日本の政治家が左右しているのではありません。日本に投資している約7~8割は外国人投資家です。

そのため、どれだけ頑張っても外国人の気分次第で日本の景気は左右されてしまいます。その外国人投資家の大半がアメリカ人なのです。

そのため、アメリカの景気が良ければ日本に投資する外国人投資家は多くなり、逆にアメリカの景気が悪ければ、日本へ投資する余裕がないため、日本の景気は後退します。

私も投資の経験が少しありますが、投資をしていた際、日本のニュースはあまり見ませんでした。ほとんどは海外の情勢をもとに日本へ投資していました。

これもおかしなもので、自分の国に投資するのに海外のことを勉強する。現在、政府もこの現状を打開するために、投資を推進しています。

証券会社のCMなどでアイドルや人気芸能人を起用する目的は、若い世代に投資をするように呼びかけているからだと私は思います。

そこにアイドルなどを起用することで、アイドルのファンたちが少しでも投資に興味が出るのではないかという狙いもあると私は考えています。

年末商戦は多くの企業がイベントを開催して売り上げが上がります。これは、アメリカも同様だと私は思っています。そのため、為替だけでなく多くの投資分野で良い方向へ推移していると思います。

そのため、為替や先物市場は年末年始にかけて上昇傾向にあると言えるでしょう。これを一つのイベントだと思って皆さんも投資に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

毎年の年末商戦を見ることで、今年の景気や来年の景気予想もできると私は思います。

また、企業のセール商品を見ることにより、今年の流行り商品や来年流行るであろう商品が一目でわかるのではないでしょうか。

このように、みなさんも年末商戦からわかることを色々探ってみると新たな楽しみが出てくるかもしれません。




スポンサーリンク