初の女性アメリカ大統領になるか!親日ヒラリークリントンの年齢と政策、また日本への影響はいかに…




アメリカ初の女性大統領誕生か!

現在、共産党候補者である不動産王のドナルド・トランプ氏とアメリカ大統領選を戦っている民主党候補者ヒラリー・クリントン氏ですが、クリントン氏が選挙戦に勝てば、アメリカで初の女性大統領になります。女性が活躍できる時代が本格的に始まったのではないかと私は思います。これからの時代が楽しみです。

ヒラリークリントンの主な政策

クリントン氏は、現政権のオバマ氏の下で4年間にわたり国務長官として政務をしてきたことから、ある程度オバマ政権での政策を維持すると思われます。そのことからオバマ氏と同様で日本との安全保障問題に対して明るいのではないかと私は思います。

オバマ大統領は歴代アメリカ大統領初の広島訪問を行い、日本との関係をより親密にしたと言われています。この行動からもわかるようにオバマ政権は親日であると思います。

この広島訪問と言う歴代大統領が行ってこなかったことを成し遂げたことにより、オバマ氏の名前は歴史に刻まれました。このように大統領になる人物は何か大きなことを成し遂げることで、歴史に名前を刻むということを頭の片隅に置いてると私は考えています。

そのため、クリントン氏も日本に対して何か大きな行動をとることが予想されます。しかし、この行動が良い方向になるとは限りません。一部ではクリントン氏の強引な姿勢に対して反感を持っている人々もいます。

6月に発表した主要政策として、米国人のための経済、政治の機能不全解消、強固な共同体、安全保障にカを掛けている。雇用の増加やインフラ整備、女性ならではの意見として男女差別に対する賃金の格差など、これらはオバマ政権での取り組みと重なる部分があります。

私としては、オバマ政権での政策は良い方向へ向かっていると思っています。その理由としてはFRBで金利引き上げに踏み切るという方向へ話が進んでいることから、アメリカは金利を上げても経済が混乱しないくらい安定してきていると思うからです。

ヒラリークリントン氏の年齢と大統領への不安要素

クリントン氏はテレビなどで見ると若々しく見えますが、1947年10月26日の68歳です。そのため、高齢による政務への影響が懸念されています。

私の祖母は90歳で真夏に畑仕事を一日中こなしているところを見ているので68歳が高齢とは思ったことはないのですが、日本では定年退職している年齢と言うこともあり政務への影響は大きいと考えられているそうです。

公の場に出席した際、何度か体調不良で退室しているところも見ています。詳しくはわかっておりませんが、心臓に病があるという噂も耳にしています。そうなると満期までアメリカ、もとい世界を引っ張っていけるのか私も心配になります。

大統領になった暁には、初の女性大統領と言うことで何かと注目が集まるため、精神的にも体力的にも大変になることは目に見えてわかります。

親日でも知られているクリントン氏、日本への影響はいかに!

親日で知られているクリントン氏、先ほどもお話ししましたが、オバマ氏の政策を引き継ぐ形になると予想されます。また、日本の豆腐をアメリカに広めたのがクリントン氏だと言われています。

肥満大国と言われているアメリカですが、日本のヘルシー食材の代表でもある豆腐は打ってつけの食材だと私も思います。また、日本の代表たちとも会談をしていることから良い印象があることはわかります。

しかし、クリントン氏は反日発言もしています。安倍晋三首相が靖国神社参拝をした際、クリントン氏は強く日本を批難しました。このことから、私は親日でもありますが、場合によっては日本の敵にまわることもあると考えています。

共和党候補者ドナルド・トランプ氏が多く支持率を獲得でき、大統領選に望めたのか!

一時、支持率がクリントン氏を上回っていたトランプ氏でしたが、一時的なもので経済のこと、または政治のことをわかっていない行動・発言が目立ちました。

そのように日本で見ている方が多くいたと思いますが、やはり不動産王にまでなった経営者です。発言・行動は全て計算されているものです。世界各国の誹謗中傷な発言を繰り返し行ってきたことで、良い意味でも悪い意味でも知名度は全世界に広がりました。

現に日本でも毎日のように新聞・雑誌・テレビなどで紹介されるほどです。海を挟んでいる国でそのような状態です。つながっている地域・国はどうでしょう。たぶん、子供でもトランプ氏の名前は知っているのではないでしょうか。

私は、知名度で考えるとトランプ氏が圧倒していると考えています。そのため、知識のない投票者に関してはトランプ氏に投票していると考えます。私も投票権を得たときに「せっかく投票権があるのに行かないのはもったいない」と思い、足を運んだことがあります。

しかし、その当時は政治の知識もなくだれが立候補しているのかも知りませんでした。そのため、テレビなどで毎回名前が出ていた立候補の名前を書いたのを覚えています。このように、知識などがない、または興味のない人々は知名度の高い人に投票するという傾向があります。

プレゼンテーションにおいては政治家以上の力があることを大統領選を通してトランプ氏は教えてくれました。ドナルド・トランプ氏については今後のビジネスにとって、大統領選と言うのは広告媒体の一つなのではないかと私は考えています。

初の女性と言えば…小池百合子東京都知事!

どこかクリントン氏に似ている部分があります。簡単に言いますと、単独で出馬して知名度で当選した。このように思われている方もいると思います。私もその一人でした。

しかし、就任直後に築地市場問題を取り上げました。これだけの大規模な計画です。東京都を統括している自民党が知らないはずがありません。自民党候補者であった増田氏は選挙戦ではピンとくる改革案がありませんでした。もし、増田氏が当選していた場合、自民党の力に押されて移転問題をもみ消していた可能性もあります。

そういう面では小池氏が知事になったことはとても大きなことであると思います。しかし、築地市場の問題は問題でしかありません。いつかは解決策が出て、問題が収束します。そのあとに何ができるかによって今後の東京、また日本の経済に影響が出てくるのではないでしょうか。

何といっても、約14兆円を動かしているのですから!この数字は小国の国家予算を上回っている額ですので驚きです。このこともあり、初の女性東京都知事には日本をより良くしていただけることを期待しています。そして、東京オリンピックを成功させてほしいと私は思っています。

まとめ

ヒラリー・クリントン氏、小池百合子氏、このように女性が活躍できるような時代が進んでいることがわかります。

現在、女性差別についてはなくなりつつありますが、なくなったとは言えません。そのため、このように活躍している女性が増えれば男性も負けたくないという気持ちで、より一層頑張りますし、女性は活躍できるという目標ができ、より頑張る。差別がなくなることで日本だけでなく、世界中で豊かになると思います。今後の女性の活躍が楽しみです。

また、先に紹介したように親日で知られているヒラリークリントン氏には大統領になり、日本とのさらなる交流を果たしてもらいたいです。今後もクリントン氏の動向に注目してみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク